Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

アップル iOS 6.1.3 提供開始。日本向け「マップ」改善、ロック迂回バグ修正

Ittousai, @Ittousai_ej
2013年3月20日, 午前02:09 in Apple
0シェア
0
0,"likes":0
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View

アップルが iOS の最新アップデート 6.1.3 をリリースしました。内容は「このアップデートを適用すると、機能が向上し、問題が修正されます」。

具体的には、一か月ほど前に発覚していたパスコードロック画面の回避バグが修正されるほか、日本向けの「マップ」アプリが改善されます。



今回修正されたパスコード迂回バグは、緊急電話画面から精妙なタイミングや同時押しが要求される手順を踏むことで、電話帳を含む電話アプリにアクセスできてしまった内容。任意のアプリを使うことはできないものの、発信のほか通話履歴や写真のブラウズ、メッセージの送信などもできてしまう困ったバグでした。アップルは 3年前の iOS 4.1 でも、緊急電話から電話アプリのフル機能にアクセスできる似たバグを出しています。

追記:日本向けの「マップ」は確かに改善されました。リリース当初に話題になった存在しない駅やランドマークの大きなズレが直っている例がいくつか確認できたほか、駅や線路が見やすくなり、縮尺によって地図に最低限期待される情報がまともに表示されるようになっています。

(例:以前のデータでは、ある程度ズームアウトすると駅も線路も消えてかわりに国道ばかりが表示されたり、逆にズームインするとよく分からない基準の飲食店アイコンばかりが表示されたりしていましたが、現在は日本で一般的に地図と言われて想定する範囲に見えます。)。

他社のマップアプリと同じ縮尺で並べた場合や検索した場合の情報量や見やすさ、ランドマークをタップした時の追加情報などを比べるとまだまだ及びませんが、当初の笑えない冗談のような状態からははっきりと進歩しています。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

0シェア
0
0,"likes":0
0

Sponsored Contents