Sponsored Contents

amazonの最新記事

Image credit:
Save

アマゾン、ウェブ用「Send to Kindle」ボタンの生成サービスを開始。WordPressプラグインも提供

Ittousai, @Ittousai_ej
2013年3月21日, 午前06:50 in Amazon
1シェア
0
1
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View

Amazon.com がウェブサイト用「Send to Kindle」ボタンの提供を開始しました。これまでウェブ上の記事や文書を Kindle に送るにはブラウザの拡張機能やメールを使う方法がありましたが、今後はコンテンツの提供者側がページ内に直接ボタンを設置して、望みの体裁やメタデータつきで読者の Kindle に送れるようになります。


「Send to Kindle」されたコンテンツは、電子ペーパーの Kindle Paperwhite や液晶の Kindle Fire など Kindleデバイスのほか、iOS や Android用の Kindle アプリなど、機器やアプリを問わずに「あとで読む」が可能です。

リンク先の Send to Kindle for Websites ページでは、ラベルやフォント、サイズなどスタイルを選んでボタンの埋め込みコードを生成できます。文書のタイトルや著者名、公開日といったメタデータや、コンテンツ本文については、Open Graph や schema.org、hNews のデータを指定できるほか、カスタム CSSセレクタを使ったマークアップにも対応します。さらに新聞やウェブマガジンなどすでに Kindle版の定期刊行物を売っている場合、Kindle Store からの購入を勧めるオプションまで指定可能です。

Send to Kindle ボタンは、すでにTIME や ワシントン・ポストなどのサイトで導入済み。また WordPress 用の Send to Kindle プラグインも提供が始まっています。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

1シェア
0
1
0

Sponsored Contents