最新記事

Image credit:

50型で1500ドルを切る4Kテレビ、新興メーカーSEIKIが今月発売

Ittousai , @Ittousai_ej
2013年4月18日, 午前07:30
1214 シェア
890
1
66
46
211

注目記事

人気記事

ソニーの4Kテレビ第二弾 BRAVIA X9200A が55型50万円でインチ1万円を切った!と話題になるなか、米国では聞き慣れないメーカー SEIKI が 50インチで1499ドルという強烈な価格の 4K 3840 x 2160 液晶テレビを今月発売します。



メーカーサイトによれば、4Kテレビ SEIKI SE50UY04 の仕様は50インチ3840 x 2160 ピクセルの4K 16:9 液晶パネル、120Hz駆動、コントラスト比5000:1、応答速度 6.5ms。入力は HDMI 1.4 x3、VGA、コンポーネントビデオ、コンポジットビデオ。ほか光デジタル出力やヘッドホン端子、アナログ音声出力(RCA端子)など。オーディオは「ヤマハ製アンプのステレオスピーカー内蔵」。

リンク先の TigerDirect などオンラインストアではすでに予約を受け付けており、4月後半に出荷予定となっています。4Kではない SEIKI製テレビを販売してきたAmazon や QVCなどでも扱う予定。

メーカー SEIKI は低価格と品質の両立をうたった新興ブランドで、メーカーサイトでは「ほかの大手のように価格にプレミアムを乗せて、将来的に主流になるかもしれない未来の技術に再投資する必要がない」「画質と音質はしっかりと確保しつつ、テレビ以外の余計な機能をつけない」「設計から製造まで一貫して自社で扱う」「テレビ製造世界最大手企業の一部である」等々と価格の理由を述べています。

さて、「余計な機能」云々は話としては分からないでもありませんが、コモディティ化しきった製品ならいざしらず、最先端の4Kでは4Kネイティブ放送や映像ソフトがほぼ存在しないことから、「ただ映す」だけの正直な製品ですという立ち位置もなかなか難しいのはご存じのとおり。ほかメーカーでは4Kテレビをプレミアムな最上位機と位置づけ解像度だけではない高画質・高音質を追求し、超解像や機器連携・ネットワーク連携など、SEIKIにいわせれば「余計な」機能で勝負している段階です。

一方で SEIKI製4Kテレビはパネルの基本仕様を除き、外部入力への対応やアップスケーリング処理などについては詳細不明。Engadgetでは近日中に続報で詳細をお伝えする予定です。


追記: メーカーによる「安さの理由」のうち、 プレミアムと再投資の部分をもう少し詳しく加筆。原文では "Many electronics companies reinvest their money into future technologies in hopes of creating the next 'big thing.' "。家電メーカーの多くは、「次に流行るもの」あるいは将来の主流となる技術を押さえるため、当たるか外れるか分からない次世代の技術開発のために再投資するが、われわれ(SEIKI)は誰でも買える優れたテレビこそ「次に来るもの」だと考えている、というニュアンスです。

いわばジェネリック薬品や、製造メーカーだからといって次世代の新技術への研究開発投資をしているとはかぎらない日用品と同様。いわゆるコモディティ化というやつです。蛇足ながら補足します。まあ「ただ映す」4Kテレビなるものがまだありえない現状では、コモディティもなにもない気がしますが。


Show full PR text
SEIKI SETS PRICING BENCHMARK FOR ULTRA HDTV WITH ITS 50-INCH LED 4K2K MODEL

SEIKI Targets Smart, Savvy TV Buyers Wanting the Ultimate Digital Entertainment Experience Without Breaking the Bank

DIAMOND BAR, Calif. - April 15, 2013 - Building upon its reputation as the value-driven HDTV maker for today's value-conscious consumers, SEIKI Digital, Inc. (www.SEIKI.com), introduces its 50-inch class LED 4K2K Ultra High-Definition television (Ultra HDTV) featuring a panel resolution of 3,840-by-2,160, which is twice the resolution with four times as many pixels as full 1080p HDTVs. Shipping late-April, the SEIKI 50-inch 4K2K Ultra HDTV (Model: SE50UY04) will be priced at an MSRP of $1,499.99.

The 50-inch model is the first to be introduced by SEIKI to the U.S. market. SEIKI plans to roll out a 65-inch screen size model in 2013. SEIKI 50-inch 4K2K Ultra HDTV will be available through select authorized retailers including Amazon.com and QVC.

"The introduction of Ultra HDTV is perhaps the biggest news since the first arrival of HDTV, and SEIKI is leading the charge to make the next generation of high-definition entertainment attainable for today's television buyers at an affordable price," said Frank Kendzora, executive vice president at SEIKI. "The SEIKI 4K2K picture quality is stunning with clarity and vivid colors that far surpasses conventional HDTVs. At the SEIKI price point, today's TV buyers can future-proof their next purchase with the latest Ultra HDTV technology, enjoy current high-definition video content, and be ready to experience 4K content as it becomes available in the near future."

The SEIKI 50-inch 4K2K Ultra HDTV model features 120Hz response rate with built-in digital and analog channel tuning, and multiple video and audio connections to support current high-definition video content. The model is also packaged with an HDMI 1.4 standard cable to enable video resolutions beyond 1080p.

For all of its Ultra HDTV and HDTV models, SEIKI offers the industry's first one-year, no-nonsense, replacement warranty through its U.S.-based technical support at (855) MY-SEIKI.

Source: Tiger Direct, SEIKI
1214 シェア
890
1
66
46
211