ソフトバンクモバイルは5月7日、2013年夏モデルとなるスマートフォン6機種を発表しました。このうち6月下旬以降に発売予定のシャープ製「AQUOS PHONE Xx(ダブルエックス)206SH」と富士通モバイルコミュニケーションズ 製「ARROWS A(エース)202F」は、いずれも大画面5.0インチフルHD液晶(1920×1080ドット)を備え、地上デジタル放送のフルセグチューナーを搭載したスマートフォン。

ソフトバンクによると、スマートフォンのフルセグ対応は業界初。電波状況に応じてワンセグとフルセグを切り替えられるほか、206SHは屋内では同梱の卓上ホルダーにセットして、テレビ用アンテナ端子に接続することもできます。

F値1.9は「最高クラスの明るさ」――AQUOS PHONE Xx

AQUOS PHONE Xxは、「2日は持つ」(ソフトバンク)という3080mAhの大容量バッテリーに1.7GHzクアッドコアCPU(APQ8064)搭載したAndroid 4.2端末。「SoftBank 4G」に対応し、下り最大76Mbpsの高速通信が可能で「高画質な動画の再生などもスムーズ」としています。このほか消費電力を抑える「S-CG Silicon液晶システム」や臨場感のある音声を出力できる「高音質LSI」を搭載しました。

1310万画素のカメラにはF値1.9の明るいレンズを採用。「スマートフォン最高クラスの明るさ」(ソフトバンク)で、シャッタースピードを上げてブレを減らしたり、ISO感度をアップしてもノイズを抑えたりできるとのこと。デジタルズームは最大16倍です。

2つのアプリを同時に起動し、データも連係できる「アナザービュー」を搭載。フルセグを見ながらメールやウェブサイトを閲覧できます。アルバムの写真をFacebookへ投稿するなど、一方のアプリからテキストや画像などをもう一方のアプリにドラッグ&ドロップできるようにもなっています。

スマート指紋センサー搭載――ARROWS A

ARROWS Aも、3020mAhの大容量バッテリーを搭載したほか、AQUOS PHONE Xx同様の1.7GHzクアッドコアCPU(APQ8064)搭載したAndroid 4.2端末。ディスプレー中の空気層をなくし光の乱反射と拡散を低減させる「Super Clear Panel」と映像の色合いを最適化する「高性能映像処理エンジン」を搭載しました。こちらも「SoftBank 4G」に対応です。

同梱の音響ダクト付き横置き卓上ホルダーにセットして使用すれば、充電を気にせず高音質で動画を視聴できます。また「ブルーライトカットモード」を利用すると、画面からのブルーライト(青色光)を約30%カットできるとしています。

富士通端末と言えば指紋センサー。ARROWS Aも背面に「スマート指紋センサー」を搭載しました。暗証番号の代わりに、指紋でもロック解除できます。指定したメールや電話帳、写真を非表示にする「プライバシーモード」も利用可能です。

このほかソフトバンクモバイルでは、94gの京セラ製防水スマートフォン「DIGNO R(ディグノ アール) 202K」、同社初のシニア向けシャープ製「シンプルスマホ 204SH」なども発表しています。

訂正:フルセグチューナーについて、当初『卓上ホルダにアンテナ線を接続する必要がある』としていましたが、正しくは端末に搭載のアンテナのみでも受信可能です。206SH卓上ホルダのアンテナ接続端子は、電波状況の良くない屋内で安定して受信・視聴・録画するため。読者と関係者の皆様にお詫びして訂正いたします。