Sponsored Contents

androidの最新記事

Image credit:
Save

QuietComfort 20発表、BOSE初のインイヤーノイズキャンセル ヘッドホン

Ittousai, @Ittousai_ej
2013年6月5日, 午前09:36 in Android
0シェア
0
0,"likes":0
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

BOSE がノイズキャンセルヘッドホン QuietComfort シリーズの新製品 QuietComfort 20 (QC20)を発表しました。QC20 は BOSE のノイズキャンセルヘッドホンとして初めてインイヤー式を採用したモデル。インラインリモコン兼マイクで通話や再生操作ができるほか、ボタン操作で外部の音を聞き取りやすくする Aware Mode にも対応します。



ノイズキャンセルヘッドホンでは定番のクワイアットコンフォートといえば、現行製品では耳全体を覆うアラウンドイヤーのQC15と、柔らかいパッドが外耳の上に載るオンイヤーのQC3 の2モデル構成でした。

QC15とQC3が帽子非互換のヘッドバンド式で大きめなのに対して、新製品のQC20は BOSE のインイヤーヘッドホン IE2 / MIE2 に良く似たスタイリングの小さなインイヤー式です。

ただしQC3 / QC20ではバッテリーやノイズキャンセルDSPをヘッドホン部に収めているのに対して、QC20はケーブルのヘッドホン端子側に約9 x 3cmほどのコントロールモジュールがあり、ここに電源ボタンやステータスインジケータ、充電用マイクロUSB端子があります。



イヤホン部はBOSE自慢の TriPort テクノロジーと、ノイズキャンセル用に内外2つのマイク、従来品よりフィット感が向上した StayHear+ イヤチップを採用。イヤチップは小中大の3種が付属します。

マイク内蔵インラインリモコンは、iOSデバイス向けの QC20i モデルが4ボタン、Androidやそのほかの端末向けが2ボタン。周囲の音が気になる場合、リモコン側面のボタンで音楽再生はしつつ環境音を聞きやすくする Aware Mode に入ります。

またアクティブイコライザも搭載。ノイズキャンセルヘッドホンではどうしても発生する音質の変化に対応します。

バッテリーはコントロールモジュール部内蔵のリチウムポリマーでユーザー交換不可。満充電で駆動時間は16時間と長く、バッテリーが切れてもヘッドホンとしては機能します。マイクロUSBで充電できるため、専用の充電器などを使わないのもうれしいところです。

発売は今年の夏。米国価格は QC20 / QC20i とも299ドル。アラウンドイヤーのQC15と同額、オンイヤーの QC3よりやや安い価格です。


広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

0シェア
0
0,"likes":0
0

Sponsored Contents