まだまだ続く Computex 2013 より。ソニーが VAIOノートの新製品 VAIO Pro 11 / VAIO Pro 13 を発表しました。

第4世代 Core i5 / i7 プロセッサとフルHDタッチ液晶を採用しつつ、11インチの VAIO Pro 11 は約870g (1.92ポンド)と軽く、かつ7時間駆動のバッテリーを搭載します。13インチの VAIO Pro 13 は約1061g (2.34ポンド)。ソニーによれば、タッチ対応のUltrabook として世界最軽量。また駆動時間を倍増させるシートバッテリーもオプションで追加できます。

ソニー VAIO Pro 11, VAIO Pro 13 製品写真

すべての写真を見る

16 枚




VAIO Pro 11 の主な仕様は11インチ 1920 x 1080 タッチ対応ディスプレイ、第4世代 Core i7 / i5 プロセッサ、最低構成で4GB または 8GB RAM、128GB または 256GB SSDなど。 I/O類は USB 3.0 x2、メモリカードスロット、HDMI出力、3.5mmヘッドホン端子など。重量 約870g、バッテリーは最大7時間駆動。

VAIO Pro 13は画面サイズが13インチで1920 x 1080 フルHDのほかほぼPro 11 と同等の基本仕様に加えて、ノートPC初という PCIe 接続 SSDを搭載します。Pro 13 の重さは約1060g。

また両機種とも、駆動時間をほぼ倍増させるシートバッテリーもオプションで装着できます。シートバッテリー搭載時の駆動時間は VAIO Pro 11 が最大14時間、VAIO Pro 13 は最大13時間。



そのほかディスプレイは広色域で再現性が高いTRILUMINOS (トリルミナス) 、超解像エンジンの X-Reality、音声には ClearAudio+、さらにカメラは Exmor R for PC など、ワンソニーな独自技術をこれでもかと採用します。

海外向けの出荷は6月9日、価格は VAIO Pro 11 が1149ドル、VAIO Pro 13 が1249ドルから。
ソニーVAIO Pro 11発表。フルHDで870gの最軽量タッチ対応ウルトラブック
広告

0 コメント

広告