アップル WWDC 2013 キーノート プレゼンで、インテルの第4世代 Core プロセッサ"Haswell"を搭載したMacBook Airが発表されました。

11インチモデル(128GB)は999ドル、13インチモデル(128GB)が1099ドル。本日から出荷します。

旧世代からCPUが第四世代のCore i5およびi7(いわゆるHaswell)に、WiFiがIEEE 802.11acにステップアップ。CPUのアップデートに伴い、内蔵GPUの性能もこれまでより40%より速いIntel HD 5000に変更になりました。

さらにアップルいわく、バッテリ寿命も長くなり、13インチモデルがこれまでの最大7時間から12時間に、11インチモデルが最大5時間から9時間になったとのこと。

国内価格は
11インチが9万8800円(128GB)、11万8800円(256GB)
13インチが10万8800円(128GB )、12万8800円 (256GB)

いずれも2コア 1.3GHz Core i5 + HD Graphics 5000 (プラス1万4700円で1.7GHz Core i7)、4GB RAM (プラス1万400円で8GB)の構成。国内でもすでに出荷中です。

(速報:アップル WWDC 2013 基調講演)

速報:新 MacBook Air発表。Haswellで9時間 / 12時間駆動、高速化とグラフィック強化
広告

0 コメント

広告