WWDC 2013 にて、新しい AirMac Extreme および AirMac Time Capsule が発表されました。どちらも WiFi の最新規格 IEEE 802.11ac(Draft)採用により、理論値ベースで最大約3倍の高速化を果たしています。なお、AirMac Extreme と AirMac Time Capsuleの違いは、内蔵ストレージの有無のみで、外観は全く同じのようです。
 

WiFiには最新の 802.11ac を採用しました。アンテナは、2.4GHz帯 / 5GHz帯にそれぞれ3本ずつ、計6本を使用します。規格上の最高速度は1.3Gbpsと、先代(802.11n)の450Mbpsから約3倍高速化しました。Time Capsule のバックアップでは先代よりも最大50%の高速化としています。また、Time Capsule のストレージ容量に変化はなく、2TBまたは3TBのHDDとなっています。

また全方位に均一に電波を飛ばす通常の方法の他に、端末が AirMac Time Capsule からある程度離れている場合、そこに狙いを定めて電波を飛ばすビームフォーミングアンテナアレイを搭載。遠い場所の端末との通信強度を高めています。なお、ビームフォーミングは 802.11ac 対応の端末で使用可能です。

その他の機能は、一般的な WiFi ルータが備えるもので、設定不要のファイアウォール機能、ゲストアクセス、プリンタ共有および外付け HDD を使用したファイル共有など。

iOS 用 AirMac ユーティリティを使えば、iPhone や iPad などから WiFi ネットワークの管理も可能です。ネットワーク図の表示、WiFi 端末の情報、ネットワーク関連の設定変更など、ひと通りの管理機能を備えているので、WiFi セットアップのためにパソコンを用意する必要がありません。もちろんパソコンからの設定も可能です。

対応する WiFi 規格は 802.11a /b /g /n /ac。外付け HDD などのための USB2.0 x 1、WAN 側はギガビット対応の RJ-45 コネクタ x1、LAN 側にもギガビット対応の RJ-45 コネクタ x 3 を装備しています。最大ユーザー数は50人です。

本体の寸法は、幅と奥行きが98mm、高さが168mmです。フットプリントはおよそ1/4になり、そのぶん上へと延びたかたちです。重さは945g。

価格は AirMac Extreme が1万9800円。AirMac TimeCapsule 2TBが2万9800円、同じく3TBモデルは3万9800円です。いずれもオンラインのAppleStoreにて、すでに発売中です。

新 AirMac Extreme / Time Capsule 発表、802.11acで最高1.3Gbps
広告

0 コメント

広告