Sponsored Contents

e inkの最新記事

Image credit:
Save

ソニー Reader の未発表モデル PRS-T3 が FCC入り、6型電子ペーパー画面採用

Ittousai, @Ittousai_ej
2013年6月28日, 午前10:50 in E Ink
1シェア
0
1
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View


米FCC のデータベースから、ソニーの電子書籍端末 Reader の未発表モデル PRS-T3 / T3S が見つかりました。型番や外観写真から、現行モデル PRS-T2 を置き換える6インチ級の電子ペーパーディスプレイ採用端末と考えられます。



FCC へ提出された無線テストリポートから製品としての詳細仕様は分かりませんが、外観写真を見るかぎり筐体サイズも画面サイズも現行 PRS-T2 と同程度。ボタン配置も従来と変わりません。

変わったところといえば、現行の PRS-T2 は独特のエッジ処理など意外と複雑な面構成をしているのに対して、T3 は比較的シンプルな薄板状に見えます。

提出書類から分かるのは、 (少なくとも) 802.11b/g/n WiFi を載せていること。また3.6Wh バッテリーを搭載することなど。現行モデルでは、au網を使った3G対応版 G1 があります (要回線契約)。

ソニー Readerの現行モデル PRS-T2 が発表されたのは2012年の夏。6インチ級で最軽量をうたう約164g の軽さが特徴でした。他社製品では、たとえば直後に発表されたライバル Kindle Paperwhite は213g (WiFi版)。

一方で Kindle Paperwhite は、導光フィルムで前面から照らすフロントライト内蔵に加えて、同じ6インチ級の電子ペーパー画面ながらピクセル数が約60%多い 758 x 1024 高精細を売りとしています。

また別のライバル Kobo が「限定版」として海外で販売した高精細モデル Aura HD は、6.8インチのちょっと変わったサイズで1440 x 1080。FCC提出書類から画面解像度は分かりませんが、新ソニー Reader がどんなディスプレイを採用してくるかは興味深いところです。

なおソニー Reader は以前にも無造作なFCC提出と仕様リークを経て8月~9月に発表されているため、例年どおりなら夏の終わりまでには正式な情報が分かるはずです。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: FCC
関連キーワード: e ink, ebook, EInk, ereader, prs-t3, reader, sony
1シェア
0
1
0

Sponsored Contents