Sponsored Contents

bukatsudoの最新記事

Image credit:

お知らせ:8月のEngadget部活動は 「電子工作部」、スマホ連係ガジェットを作ろう!

Engadget JP Staff , @engadgetjp
2013年7月19日, 午前11:30 in Bukatsudo
319 シェア
224
1
0
94

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View
iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事

『どうぶつの森 ポケットキャンプ』配信開始。基本無料のスマホ版、通称『ポケ森』

『どうぶつの森 ポケットキャンプ』配信開始。基本無料のスマホ版、通称『ポケ森』

View

面白いガジェットやテクノロジーを日々探し求める Engadget読者にお知らせです。6月より毎月開催しているオフラインの部活動イベントですが、8月は「電子工作部」を開催します。こちらは17日と25日の2日間にわたって「スマートフォンと連係するガジェットを作る」内容です。

工学系の人やスマートフォン関連のエンジニア、それからデザイナーのかたはもちろん、モノ作りは初めてだけどアイデアは出せるという人、技術もアイデアもないけどモノ作りの現場を体験したい!という人もぜひご参加ください。

( 先日受け付けを開始した7月29日19時からの写真部も、わずかながら定員まで空きがあります。もしよろしければこちらもご参加をご検討ください)。


場所は前回・前々回と同じく、Engadget編集部のあるアーツ千代田 3331。(秋葉原駅からは中央通りを北に進んで、蔵前橋通りを過ぎて左。銀座線末広町駅からすぐ)。今回は部品代がかかるため、会費は2日間で8000円です。

今回のテーマはモノ作り。ユカイ工学が開発したキット「konashi」を使って、iPhoneやiPadなどiOSデバイスと連携するガジェットを作ります。講師は情報科学芸術大学院大学産業文化研究センターの小林茂准教授、東京大学先端科学技術研究センターの松村礼央特任研究員のお二人。ユカイ工学の青木俊介代表もゲストとして参加しますので、モノ作りに携わっている人や興味がある人は必見です。

小林茂。情報科学芸術大学院大学[IAMAS]産業文化研究センター[RCIC]准教授。慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科後期博士課程単位取得退学。1993年より電子楽器メーカー「ローランド株式会社」に技術者およびシンセサイザーのサウンドデザイナーとして勤務した後、2004年7月よりIAMAS。主な活動にプロトタイピングのためのツールキット「Gainer」「Funnel」「Arduino Fio」の開発。著書に『Prototyping Lab』『+GAINER』など。2008年にIPA(情報処理推進機構)よりスーパークリエータに認定。2013年4月からは、レーザーカッターや3Dプリンターなどのデジタル工作機械を備え、地域のメーカーとMaker(つくり手)としての人々からの様々な文脈を掛け合わせてイノベーションを創出するための拠点「IAMASイノベーション工房[f.Labo]」を担当。
松村礼央。東京大学先端科学技術研究センター特任研究員。ユカイ工学株式会社主任研究員。1983年生まれ。大阪大学大学院基礎工学研究科を卒業。博士(工学)。在学中の8年間、ヴイストン、国際電気通信基礎技術研究所で研究、ホビー用ロボットの開発・製造に従事。この間、ロボットクリエイターの高橋智隆氏をデジタル面で支援し「鉄人28号」「攻殻機動隊 タチコマ」ほか多数を共に開発。現在、デジタルファブリケーションのためのインフラ構築に興味を持つ。代表作はコミュニケーションロボット「robovie-mR2」。
青木俊介。ユカイ工学代表。東京大学在学中にチームラボ株式会社を設立、CTOに就任。その後、ピクシブ株式会社のCTOを務めたのち、ロボティクスベンチャーであるユカイ工学を設立。ソーシャルロボット「ココナッチ」や、フィジカルコンピューティングキット「konashi」などセンサーやスマートフォンやネットワークを生かした開発を得意とする。共同開発では、脳波で動くコミュニケーションツール「Necomimi (ネコミミ) 」、ハンガー型次世代販売促進システム「チームラボハンガー」、メガネ型デバイス「Telepathy One(テレパシー・ワン)」を開発。


もちろん1人で作るのはなかなか大変ですので、今回は参加者をいくつかのグループに分かれていただき、グループごとにチャレンジする形式とします。経験者はもちろん、工作は初めてというかたもぜひご参加ください。

誰が参加できるの?

メーカー、デザイナー、ハッカー、システムエンジニア、ビジョナリスト、モノ作りを愛する人なら大歓迎

こんなスキルが有る方大歓迎!
  • HTML/JavaScript/CSSでのWeb開発経験のある方
  • iOSアプリのプログラミングができる方
    ※当日のハードウェアスケッチの時間ではJavaScriptについて説明します。iOSでの参加者からの個別のご質問も受け付けます。
  • Arduinoでの工作経験者

初日の17日はkonashiのレクチャーをした後にグループでブレインストーミング。その後、実際にモノ作りに入り、2日目となる25日に発表会を行います。面白いガジェットが完成すればEngadgetの誌面でも取り上げる予定です。

参加希望はこちらのメールアドレスまで。件名を"参加希望"として、本文に参加者1名の氏名(ふりがな)、モノ作りの経験の有無(有りの場合は、デザインや設計といった担当した内容をお書き添えください)および電話番号(任意)を記載してください。締め切り後にこちらから確認メールを送信します。

作業環境(Web開発者として参加する人のみ必要です)
  • ネットワークに接続可能なノートPC
  • ​iOS 6.1が動作するiPhone 4S、iPhone 5、iPad(konashiはiOS用のSDKもありますのでiOS開発者も大歓迎。ワークショップでの制作物はiPhoneアプリとして制作してももちろんOKです)

備考
  • 今回のイベントの様子や制作物に関しては、本誌をはじめ、ユカイ工学や情報科学芸術大学院大学(IAMAS)で事例として紹介する場合があります。あらかじめご了承ください。
  • 本イベントで使用するKonashiや部品に関してはイベント期間中の貸出のみとなっており、お持ち帰りできません。購入希望の参加者には実費にて頒布いたします。


日時(Day 1):8月17日10時30分~(受け付けは10時00分〜)
日時(Day 2):8月25日10時30分~(受け付けは10時00分〜)

※いずれも終了は19時ごろの予定です。

講師:情報科学芸術大学院大学産業文化研究センターの小林茂准教授、東京大学先端科学技術研究センターの松村礼央特任研究員
ゲスト:ユカイ工学の青木俊介代表
参加費:8000円(2日間、konashiの代金は含まれておりません)
会場:アーツ千代田 3331(東京都千代田区外神田6-11-4)
定員:最大25人

スタッフ一同会場にてお待ちしております。ぜひお誘い合わせの上ご参加ください。

関連キーワード: bukatsudo, konashi
319 シェア
224
1
0
94

Sponsored Contents