Sponsored Contents

androidの最新記事

Image credit:
Save

Google 7月24日イベント速報:新 Nexus 7、Android 4.3、Chromecast 発表

Ittousai, @Ittousai_ej
2013年7月25日, 午前12:55 in Android
0シェア
0
0,"likes":0
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

Google の Sundar Pichai 氏イベントは現地時間で7月24日午前9時から、日本では25日午前1時から。イベントからの速報はこのページに掲載します。

更新:主な発表は、

新 Nexus 7 正式発表。7インチ1920 x 1200、Snapdragon S4 ProでCPU1.8倍・GPU4倍、NFCやワイヤレス充電対応、50g軽量化して290g、薄く狭縁で持ちやすく。LTE対応モデルも用意。米国では7月30日発売。日本を含む米国外の各国でも「数週以内」に発売予定。

Android 4.3 発表。マルチユーザーの強化、Bluetooth SMART (Low Energy)対応、OpenGL ES 3.0対応、ほか細かな新機能・改善多数。本日から旧 Nexus 7 を含む Nexus デバイスにOTA提供。

Google Playゲーム配信開始。ゲームのスコアや実績、ランキング、フレンドリスト、マルチプレイのマッチングなどを管理するアプリ。iOSで言う Game Center。5月に発表された Google Play game services を採用したゲームに対応。

Chromecast。テレビのHDMI端子に挿すドングル状のデバイス。スマートフォンやタブレット、PCから、オンライン動画・音楽・映像コンテンツや任意のウェブページを「Cast」してテレビに表示できる。無線映像アダプタではなく、単体でクラウドから受信して表示。スマートフォン側アプリはコンテンツの選択やリモコンに使う。iOS / Android / PC対応。価格は35ドル。

イベントの概要は続きに掲載します。



(こちらの写真は以前のDカンファレンスから。Sundar Pichai 氏は Google で Android と Chrome, Google Apps を担当するシニアバイスプレジデント)。

まもなく開幕。






まもなく。



挨拶のあと、Sundar Pichai氏が登場。




今日の発表は2つ。ひとつはAndroidデバイス。もうひとつはChromeデバイス。

(両方デバイスだ!)



PCよりも多くの人がタブレット買うようになった状況、「タブレットの爆発的普及」について。



世界で販売されるタブレットの約半数がAndroidベース。

Androidタブレットのアクティベーションは昨年末で4000万近く。現在はすでに7000万。



原動力として、Google Play エコシステムの発展を解説。ダウンロードは500億件以上、ユーザーごとの収益は2.5倍成長、アプリ登録数100万超。

Nexusプログラムと、ASUSとの良好なパートナーシップについて。ASUSの Jonny Shih本人も会場に。


Hugo Barra に交代。Nexus 7の大成功を振り返る。




Nexus 7 発表!

筐体が小型化。厚さは1.8mm薄く、ベゼルは2.75mm狭く、約50g軽く、300gを切って持ちやすくなった。


ディスプレイサイズは対角7.02インチのまま、1920 x 1200 のフルHD超へ。


DPIは323。iPhone 5とほぼ同じ。旧Nexus 7 は216。

ピクセル数だけでなく、色域も30%拡大


スピーカーもステレオ化。さらにフラウンホーファーと協力して仮想サラウンドに対応。



前面カメラは1.2MP、背面は5MP。

プロセッサは Snapdragon S4 Pro 。80%高速化。


GPUは4倍高速。

LTE対応。米国ではAT&T, Verizon, T-Mobileの周波数帯に1台で対応。


NFCも搭載。無線充電も対応。

HDMI出力。(microUSBポートに SlimPort HDMI出力ケーブルを接続する)


性能を上げつつ、バッテリーも延長。


Android 4.3 Jelly Bean 搭載。


Android 4.3 の強化点その1。マルチユーザー。制限つき(restricted)プロファイルを設定できる。アプリの挙動も変わる。アプリ内購入の無効化など。




続いて、Bluetooth SMART (Low Energy)のシステム対応。



ステージで BT LE接続した心拍計の数値をデモ



続いてグラフィックの強化。OpenGL ES 3.0対応。



シリコンスタジオの3Dデモ。


続いてUnityで、セルフシャドウのデモ

OpenGL ES 3.0。


デモはどちらもフルHD解像度。Google Playで公開中。


新しい DRM API にも対応。初対応は NETFLIX。1080pコンテンツのストリーミングなど。


Android 4.3は旧Nexus 7、Nexus 10、Nexus 4、Galaxy Nexus にアップデート提供。


そのほかにも多数のAPI強化。



続いて、間髪入れず Google Apps の強化。




Nexus 7 での Google Drive 表示デモ。


Chromeもアップデート。全画面表示など。

(アプリについては、新 Nexus 7限定でも本日初発表でないものも一緒に紹介)




Googleマップの Explore / 周辺のスポット機能。




ハングアウトのデモ。グループビデオ通話をしつつ、ドキュメントを同時編集。

次は Google Play について。Ellie Powers 氏に交代。







Google Play エコシステムの急速な発展について。

5月の Google I/Oで発表したゲームプラットフォーム Google Play Game Service は、すでに数百タイトルが対応。




Google Play Gamesの解説。対戦や実績のほか、「フレンドのお薦め」も。


本日から Google Play で提供。新 Nexus 7 にプリインストール。


新Nexus 7 の3D性能の大幅な強化や広色域フルHDディスプレイ、ステレオスピーカーなどを挙げて、ゲームプラットフォームとしても最適と導入。新ゲームを数タイトル紹介。



おなじみRiptide GP2、プリンスオブペルシャ新作、



レースゲーム Asphalt 8 。8月発売。


究極のゲームデバイスであると同時に、読書にも最適。

として Google Play ブックス。



教科書を購入・レンタルできる Google Play Textbooks。





新 Nexus 7は3モデル。16GB WiFiは229ドル、32GB WiFi は269ドル、32GB LTEモデルは349ドル。

発売は7月30日。



日本を含む各国でも数週以内に発売。

日本を含む各国でも数週以内に発売。

新Nexus 7 プロモ動画を紹介。(あとで貼ります)

ここで再び Sundar Pichai 氏に交代。




オンラインビデオ産業について。

急速に成長したが、見るための端末は主にPCやスマートフォン、タブレット。テレビは取り残されている。



この断絶を Chrome で埋める。




新デバイスで実現。じつはたまたまポケットに持ってるんですよ、と古典的なふりで取り出して、

Chromecast発表!




テレビのHDMI端子に接続。目立たない。

インターフェースはすでにあるタブレットやスマートフォン。いつもの YouTubeアプリを使い、" Cast " ボタンを押すとテレビで再生が始まる。



Chromecast デモ。


携帯から映像として飛ばすのではなく、Chromecast がネットワーク接続して自力でストリーミングを受信する。

スマートフォンやタブレットからテレビのボリュームなども操作可能。(HDMI経由で)

テレビを スマートフォンやタブレットなどとシームレスにつなぐ。


たとえばスマートフォンのYouTubeアプリで映像を探して、Castを押してテレビで視聴。途中でメールが届いたら、スマートフォンでメールアプリを開いて読んでも、テレビではそのままYouTubeが再生されている。「無線映像出力」ではない。




iOSの YouTube アプリでも、マルチユーザーでもそのまま動く。

テレビとスマートフォンやタブレットのあいだで、再生位置を共有してデバイスをまたいで続きから観ることも。


Netflix の 1080p フルHD映画も同じように Chromecast が使える。

複数のスマートフォンやタブレットをどれでも、シームレスにリモコンやセカンドスクリーンとして使える。





Google Play の映画やテレビも Chromecast に対応。

映像のほか音楽コンテンツにも対応。



Google Play Musicアプリ、Pandoraも対応。

Android や iOSアプリだけでなく、PCのブラウザで YouTubeを見ているときも、映像の右下に「Cast」ボタンが現れる。「居間のテレビ」などCast先を選ぶだけで機能する。

複数のプラットフォームやデバイスをまたいでも、設定やログイン・ログアウトなどを気にせず「Just Works」することに多大な努力を注いだ。( Just Works! はアップルがひたすら繰り返す決まり文句)。




Google+ Photos の写真もテレビにCast できる。スライドショーなど。


ノートのブラウザからテレビにCastした場合、再生を続けつつ、ノートでは別のウェブページを自由に見られる。

Google Cast SDKを本日提供。Android、iOS、Chrome対応。

アプリを新しく作り直す必要はなく、テレビ対応を簡単に追加できる。





対応デバイスは Android, iOS, Chrome for Windows, Chrome for Mac。Chromebook Pixel。

価格は35ドル!米国発売は本日。

米国ではamazon.comやBest Buyなどでも販売。

イベントはここまで。お疲れさまでした。各発表の詳細については個別記事をどうぞ。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: android, google, Nexus 7, Nexus7
0シェア
0
0,"likes":0
0

Sponsored Contents