Sponsored Contents

asusの最新記事

Image credit:

ASUSからR.O.G.ブランドのPCIe SSD『RAIDR』、内部RAID 0でR/W 800MB/秒以上

Ittousai , @Ittousai_ej
2013年7月26日, 午後07:47 in Asus
142 シェア
84
3
0
55

連載

注目記事

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事

ポケモンGO、ハロウィン イベントで第三世代が解禁?サマヨールほかルビー・サファイア組が起動画面に登場

ポケモンGO、ハロウィン イベントで第三世代が解禁?サマヨールほかルビー・サファイア組が起動画面に登場

View
ソニー、XperiaブランドのロボットXperia Hello!発表。「家族の一員」になるコミュニケーションロボ
13

ソニー、XperiaブランドのロボットXperia Hello!発表。「家族の一員」になるコミュニケーションロボ

View


ASUS がゲーミングブランド R.O.G. のPCIe接続 SSD 『RAIDR Express PCIe SSD』を発表しました。内部的に2つのSSDを RAID 0動作させる構成で、最大シーケンシャルリード 830MB/秒、シーケンシャルライト 810MB/秒の強烈な性能を誇ります。



主な仕様は容量が 240GB、接続インターフェース PCIe 2.0 x2、最大シーケンシャルリード 830MB/秒、最大シーケンシャルライト 810MB/秒、4Kランダムリード/ライトともに最高10万 IOPS、アクセスタイム 0.1ms以下など。

フラッシュメモリには東芝製の19nm MLC Sync-NANDメモリを採用します。SSDのコントローラには定番の SandForce製 SF-2281を2つ、RAIDコントローラは Marvell 9230。

PCIe接続のSSDは通常のSATA接続と違ってやや敷居が高いものですが、RAIDR Express PCIe SSD はドライバレスでそのままシステムドライブとしてOSをインストールでき、あとからパフォーマンスを最大化するためにドライバを導入できます。

SCSIではなくAHCIインターフェースの採用により Windows 7 / 8 のTRIMコマンドを標準で実行可能だったり、UEFIネイティブ対応かつ本体スイッチでBIOSモードと切り替えなど、使い勝手に配慮した機能を搭載します。ゲーマー向けらしい外装は見た目のため(だけ)ではなく、エラー率を抑えるノイズシールドとヒートシンクのため。

またSSD / HDDへのバックアップつきRAMディスク作成ソフト RAMDisk、設定ソフト SSD Tweakit、HDDとの併用でハイブリッドディスク化する ROG HybriDisk、ベンチマークのCrystalDiskMark など、豊富な付属ソフトも特徴です。

RAIDR Express PCIe SSD の発売は7月27日、価格はオープン。予想実売価格は4万円ほど。


関連キーワード: asus, pcie ssd, PcieSsd, RAIDR, rog, ssd
142 シェア
84
3
0
55

Sponsored Contents