スマートフォン用のズームレンズのように見えるこのデバイスは、ソニーが近々発表するという新ジャンルのカメラ「レンズカメラ」とされるもの。

スマートフォンと合体してはいるものの、携帯の背面カメラが塞がっていないことからも分かるように、携帯のセンサを使って撮影するための単なる「外付けレンズ」ではありません。

「レンズカメラ」は小さなレンズ型の本体に大型のセンサ(1型または1/2.3型)、BIONZイメージプロセッサ、さらにSDスロットなど単体でカメラとして機能する部品を内蔵したうえで、モニタや操作はWiFi / NFC で接続したスマートフォンやタブレットが担当するコンセプトです。


画像を掲載したリンク先 SonyAlphaRumors の匿名ソース情報によれば、ソニーは2機種の「レンズカメラ」DSC-QX10 と QX100 を発表します。

まず上位の DSC-QX100は、1型センサ搭載のハイエンドコンパクトとして話題になったRX100M2 と同等のレンズ(ツァイスレンズ)とセンサを備えたモデル。

もう一方の DSC-QX10 は、光学10倍ズームレンズ (ソニーGレンズ、F値3.3 - 5.9) と1/2.3インチの1800万画素センサを組み合わせたモデルとされています。



無線LAN対応が増えてきた最近のカメラでは、各社とも単に写真を転送するだけでなく、スマートフォンアプリを用意してリモートでモニタや撮影操作、設定ができるものが増えているのはご存知のとおり。

レンズ交換式カメラではレンズ側にセンサーも内蔵するものもありますが、この「レンズカメラ」ではレンズ側にプロセッサやストレージまでの撮影機能をすべて内蔵しつつ、インターフェースは省いてWiFi でスマートフォンなどに任せる製品のようです。

「 レンズカメラ」DSC-QX10 / DSC-QX100 は現時点ではあくまでうわさ、自称流出情報の段階であり、ソニーが正式に発表したものではありません。

しかし、ソニーが毎年多数の新製品を初公開するイベント IFA 2013 はベルリンの現地時間 9月6日からと間近に迫りつつあり、そろそろ未発表製品のリークも増えてくる時期です。いずれにせよ、ソニーがIFA 2013 の直前に開催するプレスイベントは Engadget でも現地から速報体勢でお伝えする予定です。
ソニーから大型センサ内蔵の「レンズカメラ」、iPhoneやAndroidと無線接続して撮影?
広告

0 コメント

広告