マイクロソフトは、Windows 8.1からSkypeを標準アプリとして搭載すると発表しました。

2011年のSkype買収以来、マイクロソフトは メッセンジャーサービスの統合を進めてきました。次期Windows デバイスから、いよいよマイクロソフト純正のメッセンジャーとしてSkypeが採用されることになります。

マイクロソフトといえば、バルマーCEOは今年7月、パッケージ売りのソフトウェア企業からデバイスとサービスを提供する企業へと転換を図るため、大規模な組織再編に着手しました。

WindowsやXbox、Office、さまざまなクラウドサービスといった事業部単位のカンパニー制を廃し、OSなどそれぞれの製品に共通する要素はひとつの部門が統一して扱い、「One Strategy, One Microsoft」を合言葉に全社一貫した戦略で望もうという目的です。

Windows 8.1ではこの方針に基づいた「one experience」の掛け声の下、Internet Explorer 11やOutlook.com、SkyDriveなどとともに、Skypeのタイルもマルチプラットフォームの標準メッセージングアプリとして並びます。なお、Windows 8.1は、日本時間の10月17日21時から提供される予定。
マイクロソフト、Skypeを Windows 8.1にプリインストール。標準メッセンジャーとして組み込み

0 コメント