Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

オーディオテクニカ初の Bluetooth スピーカー TELE-JUKE 、受話器型とクレードルに分離

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2013年8月23日, 午後06:10 in At-Sp03Bt
0シェア
0
0
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View
オーディオテクニカが据置型 Bluetooth スピーカー「TELE-JUKE (AT-SP03BT)」を発表しました。オーディオテクニカはこれまでに Bluetooth ヘッドセットをいくつも発売しているのですが、意外にも Buletooth スピーカーは初とのこと。


特徴は、一見すると普通の据置型 Bluetooth スピーカーが、スピーカーとマイクを内蔵したハンドセット部分と、充電器機能を持つクレードル部分に別れること。合体時は普通の Bluetooth スピーカーとして使え、スマートフォンとペアリングしてあれば、着信などにハンズフリーで応答することができます。

ハンズフリー通話は両手を塞がずに通話ができる利点がある一方、通話の秘匿性は失われます。TELE-JUKE はスピーカー部分が本体から外れ、受話器として使えるようになっているので、必要な際はハンドセット部で話せば秘匿性も確保できます。また、通話によってスマートフォンの画面が汚れる心配もありません。

必要な操作ボタンの類はすべてハンドセット部に装備されているので、着信通話の応答に加え、音楽プレイヤーの曲操作にも対応。再生停止、曲送りおよび曲戻し、ボリューム調整も可能です。充電機能はクレードル部分にあり、ハンドセット部をクレードルに載せるだけで充電が可能です。
クレードルには AC アダプタ端子に加え、USB 電源端子も装備されているので、スマートフォンを充電しながら通話や音楽再生ができます。

無線通信の仕様は、Bluetooth 2.1 + EDR、プロファイルはA2DP / AVRCP / HFP / HSP。再生コーデックは標準の SBC。ワンセグ音声再生用の SCMS-T も対応。ペアリングは最大8台。

ハンドセット部の内蔵バッテリーの性能は、音楽再生時の連続再生時間は7時間以上、連続待受時間は最大100時間。充電時間はおよそ2.5時間。

合体した状態の大きさは、高さ76 × 幅180 × 奥行き78mm。ハンドセット部分の重さは約220g。本体カラーはブラック、レッド、ホワイトの3色ラインナップです。

発売日は9月20日。オープン価格で、実売予想価格は1万円前後の見込みです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

0シェア
0
0
0
0

Sponsored Contents