IFA 2013 プレスカンファレンスで、ソニーが新発想の製品「レンズスタイルカメラ」QX10 / QX100 を発表しました。

事前リークやフライングとおり、レンズスタイルカメラはレンズ型の本体にセンサや画像処理エンジン、SDスロットまで搭載する小型のカメラ。撮影やプレビュー、設定などは、クリップでとりつけたスマートフォンのアプリと無線通信して操作します。

単体でカメラとしての機能を備えるため、Xperia 周辺機器ではなく サイバーショット DSC-の扱いです。

更新:会場からの実機ファーストインプレッションを追加。


DSC-QX10 は1820万画素、光学10倍ズーム搭載の「ハイズーム」モデル。カラーはブラックとホワイトの2色。F3.3 - 5.9 ソニーGレンズ、センサは1/2.3インチ。価格は249ドル。

DSC-QX100 は2020万画素、RX100 MII 同等の1インチセンサ、F1.8 - 4.9 のカール・ツァイス レンズ搭載。ズームは最大3.6倍。499ドル。「スマートフォンに追加するもの」として考えると効果ですが、レンズやセンサが同等のソニー製コンパクトカメラは定価で500ドルを超えます。

いずれもWiFi と NFC を搭載してワンタッチ接続に対応。ストレージはSDスロット。撮影した写真はスマートフォンアプリ側ですぐに共有や加工ができるほか、カメラのSDスロットにもフルサイズで保存されます。

アプリはAndroid 用のほか iOS版も用意され、iPhone に取り付けて利用することもできます。

発売は今月中の予定。国内での展開については続報で更新します。


速報:ソニー「レンズスタイルカメラ」 QX10 / QX100 発表。無線接続でiPhoneにも対応
広告

0 コメント

広告