appleの最新記事

Image credit:

速報:au版 iPhone 5s / 5c の料金プラン発表。タブレットとパケット共有、下取り価格も明らかに

Hiromu Tsuda , @boobyn
2013年9月13日, 午後12:21 in Apple
2053 シェア
1278
0
281
54
440

注目記事

人気記事


KDDIは、9月20日発売の iPhone 5s と iPhone 5c について販売価格を明らかにしました。現在会見では、KDDIの取締役執行役員専務の石川氏が登壇中。詳細がわかり次第、順次お伝えします。なお、端末の詳細は以下の記事。


iPhone 5s / iPhone 5c / iPhone 5の詳細比較、強化点や各モデル違いまとめ

iPhone 5c 実機ファーストインプレッション

iPhone 5s 実機ファーストインプレッション


パケット料金は変更なし。auスマートバリューとの組み合わせで割引、月額5460円が月額4505円に。


さらに、2014年6月以降にデータシェアプランを導入。通信量の7GB制限に対して、iPhoneとタブレット端末で通信量を共有して、制限が9GBに。スマートフォン側で9GB使うことも可能。タブレット端末の月額利用料は2992円。

2013年9月20日〜2014年5月末までは、キャンペーン「先取り!データシェアキャンペーン」を展開。スマートフォンで7GB、タブレット端末で7GBの通信制限に。こちらはデータ通信量の共有はできません。キャンペーンは、以下のパケット定額プランに加入する必要があります。

・LTE フラット for Tab cp
・LTE フラット for Tab(i) cp




iPhone 4Sの下取りに加えて、iPhone 5の下取りも。石川専務「表示を間違ったこともあってかなり高い下取り価格を設定した」とコメント。昨年iPhoneに関して利用者に誤解を与えたため、下取りは市場価格よりも高い値付けとしています。



このほか、「家族でスマホおトク割」キャンペーンの対象モデルにiPhone 5を追加。アクセサリーブランド au +1 collection には、iPhone 5s やiPhone 5c の専用アクセサリーが登場します。

石川氏は、新iPhoneの在庫状況について、「これまでよりも数は用意している」と話しています。ただし、現時点では端末の販売価格は未公表。16時から iPhone 5c の予約開始前までには明らかにするとしています。

(更新:au iPhone 5s / 5c の端末代金発表。

iPhone 5sを
機種変、毎月割適用後の実質負担額で:
16GB 1万4160円
32GB 2万4480円
64GB 3万4680円

新規/MNP時、毎月割適用後の実質負担額では:

16GB 0円
32GB 1万0320円
64GB 2万0640円
)

また、石川氏は、 iPhone 5s の予約を実施しないのは、「アップルのマーケティング施策によるもの」とコメントしています。通常、国内では携帯キャリアが端末を買い上げ、主導的に端末を販売していますが、ことアップルに関しては、キャリアであっても予約対応できない状況にあるようです。

KDDIでは、iPhone 5sとiPhone 5c について、これまでの2.1GHz帯に加えて、800MHz帯が利用できるとアピールしています。石川氏は、各社のLTE基地局の免許数について、ソフトバンクやドコモと比較して繋がりやすいとアピールしています。







2053 シェア
1278
0
281
54
440