ソフトバンクは、9月20日の iPhone 5s と iPhone 5c の発売時に、下り最大75Mbpsのエリアを2つ用意することを明らかにしました。




ソフトバンクは現在、LTEサービスを2GHz帯で提供しており、傘下のイー・モバイルが1.7GHz帯でLTEサービスを提供しています。LTEは5MHz幅で提供すると37.5Mbps、10MHz幅で提供すると75Mbpsと、帯域幅を拡張する分だけ、通信速度の理論値が上がります。

9月20日の iPhone 5s と iPhone 5c の発売日までに、ソフトバンクは通信負荷の高いエリアにおいて、2GHz帯と1.7GHzでそれぞれ5MHz幅から10MHz幅ずつに切り替えて、下り75Mbpsのサービスを2つ導入します。これにより、たとえば2GHz帯が混雑している場合に、1.7GHz帯の下り75Mbpsに繋がるなど、通信に余裕がある方を優先して、より快適な通信が行えるとしています。

ただし、1.7GHz帯で下り75Mbpsを実現するために、現在DC-HSDPA方式で使っていたイー・モバイルの EMOBILE G4 の通信速度は理論上、遅くなります。イー・モバイルは現在、1.7GHz帯で15MHz幅を得ており、5MHz幅でLTE、10MHz幅でDC-HSDPAのエリアと、10MHz幅でLTE、5MHz幅でDC-HSDPAのエリアが混在しています。利用動向を見ながら、LTE化を進めていく方針はすでに打ち出していました。

iPhone 5s / iPhone 5c / iPhone 5の詳細比較、強化点や各モデル違いまとめ

iPhone 5c 実機ファーストインプレッション

iPhone 5s 実機ファーストインプレッション
ソフトバンク、iPhone 5s / iPhone 5c 発売時に75Mbps x 2の「倍速ダブルLTE」導入
広告

0 コメント

広告