Tegra 4 / Windows RT 8.1版の Surface 2 と並んで、マイクロソフトはインテル Core i5 / Windows 8.1 の Surface Pro 2 も発表しています。

Surface Pro 2 は Haswell こと第四世代 Core プロセッサを採用し、初代の最大の問題点だったバッテリー駆動時間は約75%延長されました。さらに追加バッテリー内蔵の新アクセサリ Power Cover 併用時には単体の2.5倍になります。

また512GB ストレージ ÷ 8GB RAM構成も選択できるようになり、より本格的なWindows 8.1 タブレット / ノートに進化しました。




リフレッシュされたプロセッサは Haswell 世代のインテル Core i5 (1.6GHz)。バッテリー駆動時間が大幅に延長されただけでなく、処理速度も20%向上し、GPUも4K2K外部出力に対応するなど強化されています。

2ポンド (約910g)の本体重量、0.53インチ(約13mm)の厚さは初代 Surface Pro と同等。ディスプレイも10.6インチでフルHDの ClearType Full HD を引き継いでいますが、色域が広くなり色再現性が50%向上しました。初代 Pro と同じく電磁誘導ペン入力に対応します。

背面の内蔵キックスタンドが2段階に固定できるようになったのは Surface 2 と同様。ただしSurface Pro 2 に本体色ホワイトは用意されず、従来と同じダークチタニウムのみです (材質的にはVaporMg 製法のマグネシウム合金)。

価格は 64GB / 4GB RAM で899ドルから。内蔵ストレージ容量が大きく 8GB RAMの上位構成も用意されます。発売は世界22の市場で Surface 2 と同じ10月22日。海外発表の22市場リストに日本は含まれていません。

追記:日本マイクロソフトによれば、海外発表では単に日本市場について「言及していない」のみ。国内での展開については改めて発表予定。

マイクロソフト Surface Pro 2発表、Haswell Core i5で駆動時間75%延長。8GB RAMモデルも追加
広告

0 コメント

広告