Sponsored Contents

Encoreの最新記事

Image credit:
Save

Surfaceにはサイズや縦横比の違う複数モデルやLTE版が登場、マイクロソフト幹部が発言

Ittousai, @Ittousai_ej
2013年10月2日, 午前08:42 in Encore
0シェア
0
0
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View


マイクロソフトは純正タブレットの2代目モデル Surface 2 および Surface Pro 2 を先月発表したばかりですが、幹部の発言によればさらに画面サイズの違うバリエーションを用意しているようです。




マイクロソフトの Surface といえば、初代は Surface RT が1366 x 768ピクセル、Surface Pro が1920 x 1080ピクセルと画面解像度こそ違ったものの、どちらもカスタム発注品という10.6インチの液晶ディスプレイを採用していました。

先日発表されたばかりの Surface 2 (Tegra 4 / Windows RT 8.1) と Surface Pro 2 (Haswell世代 Core i5 / Windows 8.1) ではどちらもフルHDになりましたが、画面サイズは初代から10.6インチで変わりません。

しかしリンク先 GeekWire によれば、シアトルのマイクロソフトストアで開催された Surface 2 デモイベントの席上で、マイクロソフトの Surface 開発責任者 Panos Panay 氏は今後も別の Surface が登場すること、複数のサイズやアスペクト比が存在することなどを語っています。

また LTE通信機能内蔵モデルについても、来年の早い時期に米国ではAT&T向けに、欧州ではVodafone向けに発売することを認めました。

Android や iOS を含めたタブレット市場では10インチ級とはまた別の用途に向けた7〜8インチ級が地歩を築いており、またWindows でも、マイクロソフトのハードウェアパートナーから8インチ Windows 8 タブレットが登場するようになったばかり (Acer Iconia W4 や 東芝 Encore など)。

今後あらたに発表されるであろう別の Surface ファミリ製品が具体的に何インチなのかは Panay 氏も明かしていませんが、小型で持ち歩きやすい Surface や座布団のような Surface にも期待できるかもしれません。






「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

0シェア
0
0
0

Sponsored Contents