キモ怖い軍用荷役ロボ BigDog のメーカー Boston Dynamics が、新たな四脚ロボット WildCat を公開しました。BigDog との違いは、平地で時速 約25km という高速走行。続きに掲載した動画では、うずくまった体勢から排気を吹いて立ち上がる起動シーケンス、バウンディング〜ギャロップの走行モード、微妙に滑るところまで、屋外テスト走行の様子が見られます。



ボストン・ダイナミクスは、WildCat で採用した高速四脚走行をもともと " Cheetah " の名で開発していました。Cheetah が動力を外部から供給するなど実験室環境での研究用だったのに対して、新たに公開された次世代機 WildCat は自前のエンジンを背負い、ヒモなしで屋外を自律走行できます。






こちらは Cheetah の走行テスト動画。純粋な走行機構としては、歩行型ロボットとして最速の時速 約45kmを達成。
Boston Dynamics の高速4脚ロボ WildCat 発表、時速25kmで自律走行 (動画)
広告

0 コメント

広告