Twitter がダイレクトメッセージ(DM)まわりの仕様をいつのまにか変更しました。従来は「フォロワーにのみ送信できる」「自分がフォローしている相手からのみ受信できる」仕様でしたが、今後は「自分がフォローしていない相手からのDMを受信する」オプションが加わります。


ツイッターのDM機能は「お互いにフォローしあっている同士のみやりとりできる」のではなく「自分をフォローしている相手には送信できる」仕組み。だったため、自分だけがフォローしている相手から一方的にプライベートなメッセージが届いても、まず相手に注意喚起してフォロー返しさせないと返信できない場合がありました。

今回の仕様変更後は、既存のアカウントであれば設定から有効にすることで、自分がフォローしていない相手からもDMを受信する(送信を許す)ことができます。​大量のユーザーにフォローされており、苦情や要望は非公開で受け付けたい、でもいちいち相手を全員フォローし返すわけにもいかない、といった企業アカウントなどには便利そうな変更です。

設定は歯車アイコンから、日本語ならばユーザー情報 > コンテンツ > 以下から。いつものように、新機能が各サーバーに染み渡るまでしばらく時間がかかるため、自分のアカウントで設定画面を覗いてもまだ項目がない可能性もあります。
Twitterが仕様変更、フォローしていない相手からのDM受信設定を追加
広告

0 コメント

広告