Sponsored Contents

digital cameraの最新記事

Image credit:

ソニーから世界初のフルサイズミラーレスα7 / α7R、24-200mm全域でF2.8のコンパクトRX10

Snapshooter
2013年10月16日, 午後09:44 in Digital Camera
739 シェア
519
3
39
30
148

注目記事

人気記事


α7を手にする石塚茂樹本部長

10月16日、ソニーは 35mmフルサイズのセンサーを搭載したミラーレスカメラα7 / α7R、Eマウントのレンズ群、そして24-200mm全域でF2.8と明るい高倍率ズームレンズ搭載のコンパクトカメラRX10を発表しました。写真を中心にご紹介します。

Gallery: 2013年10月16日 ソニー デジタルイメージング 新製品発表会 | 17 Photos


35mmフルサイズのセンサーを搭載したα7Rとα7

2430万画素フルサイズExmor CMOS センサーを搭載したα7


α7(フロント右から)レンズは、FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS


α7(フロント左から)グリップ上に前ダイアルがあります


α7(右側面)マイク端子、ヘッドホン端子、マルチ端子、HDMIマイクロ端子が収納されています


α7(リア)3.0型92万1600ドットチルト液晶搭載


α7(左側面)カバーの下にメモリスロット、NFCのマークも見えます


α7(上から)露出補正がダイヤル式とレトロな雰囲気です

α7は35mmフルサイズセンサーを搭載したミラーレス一眼カメラです。ソニーいわく、フルサイズ35mmセンサの採用は「オートフォーカス機能を搭載したノンレフレックス型レンズ交換式デジタルカメラとして」世界初。

有効約2430万画素の35mmフルサイズExmor CMOSイメージセンサーを採用し、ソニーEマウントレンズが使用できます。またマウントアダプター(LA-EA4、LA-EA3)を併用することで、ソニーAマウントレンズも使用可能となります。

サイズは約126.9×94.4×48.2mm、重量約416g(本体のみ)。写真からもわかるように非常にコンパクトです。

その他の特徴としては、従来比で約3倍の能力を持つ新開発のBIONZ X画像処理エンジン、ソニー史上最高画質を誇るXGA有機EL Tru-Finder、合焦時間を従来比で最大35%に短縮したファストインテリジェントAFを搭載。実際、ハンズオンで試したところ、言葉通りの性能でした。

そしてこの小さなボディにはマグネシウム合金が使われ、剛性はもちろん、質感もハイグレードです。レトロな雰囲気を醸し出しダイアル操作系、いろいろなアングルから容易に撮影できるチルト液晶、防塵防滴でどんな場所で使っても安心と、考え抜かれた内容に仕上がっています。

発売日は11月15日、市場予想価格は、ボディのみのILCE-7が15万円前後、FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS付きのズームレンズキット、ILCE-7Kが18万円前後。

3640万画素ローパスフィルターレスのフルサイズExmor COMSセンサーを搭載したα7R


α7R(フロント)レンズは Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA


α7R(リア)3.0型92万1600ドットチルト液晶搭載


α7R(上から)概観はα7と全く同じです


α7Rの内部構造

α7Rは、α7のボディそのまま、有効画素数約3640万画素での35mmフルサイズExmor CMOSセンサーを搭載し、ローパスフィルターレスになっています。これによって、より高解像度でシャープな写真が期待できます。

多くの仕様は共通ですが、フォーカス関連が α7と異なります。位相差検出方式/コントラスト検出方式を採用したファストハイブリッドAFは α7、コントラスト検出方式を採用したファストインテリジェントAFは α7R。また測距点数も35mmフルサイズ時:117点(位相差検出方式)/25点(コントラスト検出方式)と、25点(コントラスト検出方式)と異なります。

発売日は同じく11月15日。市場予想価格はボディのみのILCE-7Rで22万円前後になります。

新開発のフルサイズ対応Eマウントレンズ(FEレンズ)


Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS / FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS / Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA / Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA


FE 70-200mm F4 G OSS


マウントアダプタ(LA-EA4/手前、LA-EA3/奥)


α7と7Rで使用できるレンズなどシステム一式

α7、α7Rと同時に、新開発のフルサイズ対応Eマウントレンズ、Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS(2014年1月発売、13万2300円) / FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS(2014年2月発売、6万1950円) / Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA(2014年1月発売、10万3950円) / Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA(11月15日発売、8万8200円)、FE 70-200mm F4 G OSS(2014年3月発売、16万5900円)と、5本用意されました。高価なレンズばかりですが、写りは期待できそうです。

24-200mm 全域でF2.8の明るく高倍率のズームレンズを搭載したRX10


RX10(フロント)35mm判換算24-200m F2.8の明るい高倍率ズームレンズVario-Sonnar T*を搭載


RX10(リア)3.0型約122.9万ドットチルト液晶搭載


RX10(上から)α7同様、露出補正はダイヤル式です


RX10の内部構造

RX10は、1台で全てをまとめたいと言った要望に対して作られたコンパクトカメラで、有効画素数約2020万画素、1.0型のExmor CMOSセンサーを搭載します。

最大の特徴は35mm判換算24-200mm全域でF2.8の明るく高倍率のズームレンズ、Vario-Sonnar T*を装備していること。通常このクラスのレンズですと、例えば24-70mm F2.8、70-200mm F2.8と少なくとも2本のズームレンズが必要となります。

それを一本にまとめた上に、サイズは129.0×88.1×102.2mm、重量755g(本体のみ)と、非常にコンパクト。これ一台で大抵のシーンは撮影可能でしょう。光学手ぶれ補正機能を内蔵していますので、手ぶれの心配も無用です。

発売日は同じく11月15日。市場予想価格はDSC-RX10/13万円前後となります。

Gallery: 2013年10月16日 ソニー デジタルイメージング 新製品発表会 | 17 Photos

関連キーワード: digital camera, DigitalCamera, RX10, sony
739 シェア
519
3
39
30
148

Sponsored Contents