Sponsored Contents

bluetooth speakerの最新記事

Image credit:
Save

Olasonicのタマゴ型スピーカーに電池駆動 Bluetoothモデル、シングルスピーカー+有線Lch出力

Ittousai, @Ittousai_ej
2013年10月31日, 午後01:45 in Bluetooth Speaker
57シェア
0
57
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View


タマゴ型スピーカーで知られる東和電子 Olasonic ブランドが、バッテリー駆動のBluetooth モバイルスピーカー Olasonic TW-BT5 を発売します。

四角い台座にタマゴが乗ったような形状で、スピーカーユニットは50mm径フルレンジ一台 + 53mm径発泡ウレタン製パッシブラジエータ。

NFCを搭載し、対応スマートフォンなどをタッチするだけで Bluetooth 接続のペアリングが完了します。





Olasonic のスピーカーといえばタマゴが2つ並んだ構成でおなじみですが、TW-BT5 はシングルスピーカー構成。ただしスピーカー正面に新設計の大型ディフューザーを取り付けることで、「一台のスピーカーで再生しているとは思えないほど広い音場空間を実現」するとしています。

また台座部分には「Lch用スピーカー出力」端子を備えており、対になるスピーカーは現時点で発表されていないものの、増設してステレオ再生にも対応するかもしれません。

電源にはリチウムイオン電池を内蔵し、付属のUSBケーブルで充電します。連続再生時間は約6時間。USB給電モデルと同じ「スーパーチャージド・ドライブシステム」により、出力が多いときはキャパシタに溜めた電力を使い、最大で10W出力(ダイナミックパワー)に対応します。

Bluetooth の仕様は v2.1+EDR、出力Class 2、A2DP およびAVRCPプロファイル対応。コーデックは標準のSBCのみ。SCMS-Tに対応し、ワンセグなどの再生制限付き音声も出力できます。

本体サイズは台座含めて高さ152mm、幅と奥行は 87mm。重量 480g。

発売は12月中旬予定、価格はオープン。店頭予想価格は9980円前後。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

57シェア
0
57
0

Sponsored Contents