Sponsored Contents

ar.droneの最新記事

Image credit:
Save

動画:ドローンをハックして乗っ取るドローン SkyJack、クアッドコプターAR.Drone 2.0とRaspberry Piで製作

Ittousai, @Ittousai_ej
2013年12月5日, 午前11:39 in Ar.drone
625シェア
201
278
0
146

連載

注目記事

人気記事

本日限り!ポケモンGO、『なみのりピカチュウ』大発生は20日(土)正午から15時まで。初の #PokemonGOCommunityDay

本日限り!ポケモンGO、『なみのりピカチュウ』大発生は20日(土)正午から15時まで。初の #PokemonGOCommunityDay

Ittousai, 1月20日
View


アマゾンが発表した小型無人機(ドローン)による配送計画 Amazon Prime Air には感嘆とともに「配送中襲われたらどうするの?」という心配の声も上がりましたが、商用ドローン時代の到来を前に、ドローンを脅かす技術もやはり発達しつつあります。SkyJack は他のドローンを発見してコントロールを奪い、「ゾンビ化」できるドローン。

ホビー向けのクアッドコプター(4翼ヘリ)として人気のAR.Drone 2.0を本体に、WiFi 通信の解析用アンテナと小型のシングルボードコンピュータ Raspberry Pi を搭載しており、飛行しつつ周囲のドローンを無線パケット解析で見つけ出し、侵入して操作を乗っ取ります。作者による解説デモ動画は続きをどうぞ。



開発した Samy Kamkar によれば、Parrot AR.Drone 2 (クアッドコプター本体) 以外の材料はウォードライビングなどにも使われる高感度アンテナつきWiFi アダプタ Alfa AWUS036H、自前のWiFiアクセスポイントを持たせるためのミニUSBドングル型 WiFi アダプタ、実際のハッキングコードを走らせるためのRaspberry Pi。および追加のUSBバッテリー。

飛行しつつMACアドレスのブロックから周囲のAR.Droneを発見したり、本来の操作者との認証を強制解除して支配下に置くためのコードはいずれもすでに公開済みか、githubで誰でも入手できるようになっています。

SkyJack はあくまで技術的なコンセプト実証であり、対象の AR.Drone が強固なセキュリティは考慮していないホビー向けだからこそ可能なデモです。とはいえ、すでに実用化されている軍用無人機の世界でも、通信を傍受したり操作を妨害するような事例は実際に繰り返されています。

米国では航空規制当局がドローンの商用利用を解禁して具体的なルール策定を進めつつあり、また自立運転のロボットカーも公道で100台規模の実験がおこなわれるなど、着々と実用化に近づきつつあります。無人化とネットワーク化の流れが進めば、「ロボットをハックして乗っ取るロボット」も、現在の自販機荒らしやボットネット程度のありふれた存在になるかもしれません。

Source: Samy.pl
関連キーワード: ar.drone, Ar.Drone2.0, hack, Raspberry Pi
625シェア
201
278
0
146

Sponsored Contents