Sponsored Contents

usbの最新記事

Image credit:
Save

どちら向きにも挿せるUSB Type-Cコネクタ策定中、マイクロUSBサイズ

Ittousai, @Ittousai_ej
2013年12月6日, 午前10:16 in Usb
131シェア
0
131,"likes":9
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View


USBの規格化団体USB-IFが、次世代のUSBコネクタ Type-C の開発を発表しました。Type-C は今後さらに小型化や薄型化、高密度実装が進むUSB機器のために、小さなサイズと将来の規格にも対応する速度、給電能力、そして表裏どちら向きにも挿せる構造を採用した新しいUSBコネクタ。


USBといえば、もっともよく使われるType-Aコネクタ (PCなどのホスト側に付いている四角いあれ) では、上下の向きがあるにもかかわらず端子部はピンを覗かないと分からない上下対称形で、メーカーが特に突起などを用意していないかぎり触感でも判断できず、「ロゴのある方が上」を頼りに視認しても、今度はレセプタクル(メス側)の向きが分からず結局はトライアンドエラーになるなど、人類からまんべんなく生産性を奪い文明の発達を阻害して滅亡までの時間を稼ごうとする未来人の陰謀かと思わせる設計でした。

新たに開発される Type-C コネクタは、端子に上下の向きがなくどちらでも挿せるほか、ケーブルの 向きも気にする必要がなくなります。それでいてサイズは現行の USB 2.0 マイクロB (いわゆるマイクロUSB) と同等で、さらに薄型小型のUSB機器が設計できるようになります。

そのほか Type-C の仕様は、

・当初は USB 3.1 と USB 2.0規格に対応。将来的により高速なバスのUSB規格が登場した場合でも対応できる。(あまり目にしませんが、現行のUSB 3.0対応マイクロB (マイクロUSB 3.0)端子は、いわゆるマイクロUSB端子の横に追加ピン分のコネクタが並ぶ妙な構造です)。

・スケーラブルな電源供給。規格により、大電力を流して高速充電や従来より大きな機器の充電に対応。

など。新規設計なので従来のUSBコネクタとは形状的に互換性がありませんが、変換アダプタやケーブルが用意されます。

USB Type-C コネクタは2014年の第1四半期にもメーカーレビューが実施され、2014年夏には正式公開を目標としています。実際の製品に採用されるのはさらにその後。


広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: usb, usb 3.0
131シェア
0
131,"likes":9
0

Sponsored Contents