Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

Valve、ベータ版 SteamOS を配信開始。Steam Machine プロトタイプもテスターへ発送中

Takuro Matsukawa
2013年12月16日, 午後04:31 in Debian
121シェア
0
121
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View


ゲーム配信プラットフォームのSteam で知られるValve が、独自の家庭用ゲームOS 『SteamOS』のベータ版をリリースしました。

SteamOS とは、Valve がDebian GNU/Linux を元に開発中のOS。専用ハードウェア規格 Steam Machines と専用コントローラーSteam Controller と組み合わせて、Steam 上のPCゲームを家庭の大画面テレビでプレイすることに最適化した点が特徴です。



ベータ版SteamOS のハードウェア条件は、インテルもしくはAMD 製の64bit プロセッサ、4GB 以上のメインメモリ、500GB 以上のストレージ、NVIDIA 製グラフィックスカード、UEFI のサポート、USB ポート(OS のインストール用)。インテルとAMD のグラフィックスサポートは近日中に追加予定です。

なおValve はベータ版SteamOS について、今のところ非常に荒削りな状態のためLinux やOS の知識がある人のみ使用することと、ゲーム特化OS のためデスクトップOS の代替にはならないことを注意点として挙げています。

SteamOS は2014年の正式リリースを目指して開発中。ユーザーからのフィードバックも歓迎しています。

またValve は、SteamOS が動くSteam Machine のプロトタイプを、選ばれたテスター300人へ発送しています。Steam Machine とはValve が策定したSteamOS 用ハードウェア規格と、準拠したデバイスの総称。プロトタイプはValve 製ですが、今後はサードパーティからも発売予定です。



プロトタイプマシンの主な仕様は、インテルCore i7-4770/i5-4570/i3 CPU、16GB DDR3-1600 RAM、NVIDIA Titan/GTX780/GTX760/GTX660 GPU (3GB GDDR5 VRAM)、1TB ハイブリッドSSHD (8GB SSD 内蔵)、450W 内蔵電源(80+ Gold)。本体サイズは30.5 x 31.5 x 7.4cm。

早速imgurTumblr に開封の様子をアップしているテスターもいます。プロトタイプマシンは木箱に入って届きますが、開封にバールは不要のようです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: SteamOS
Coverage: imgur
121シェア
0
121
0

Sponsored Contents