CES 2014 キーノートで、ソニーが4K超短焦点プロジェクタを使ったコンセプト Life Space UX を発表しました。

壁際に設置しても147インチの4K映像を投映できる超短焦点の4Kプロジェクタを中心に、左右のスピーカーユニット、ほかのAV機器などを設置するキャビネットが家具のように一体化した形状が特徴。

この超短焦点プロジェクタを中心としたセットアップとソフトウェア、4Kストリーミングなどのコンテンツサービスを組み合わせることで、「空間を利用した新たな映像体験を提案」「実際の風景がそこに広がっているかのような感覚を生み出せることに加え、映画やスポーツ映像、ゲームなどを楽しめるエンタテインメント・ウィンドウに」なると謳います。



プロジェクタ部の主な仕様は、0.74インチ4K SXRD方式 4096x2160 x3原色、投影サイズ66インチから147インチ、レーザーダイオード光源で2000ルーメン。

壁際に直接設置できることでより明るく、ユニットの前を横切る人の映り込みを気にする必要がなくリビング向きとしています。



プロジェクタ部の寸法は幅1100 x 高さ265 x 奥行き535mm。システム全体は非常に横長に見えますが、プロジェクタの左右に幅20センチのスピーカーユニットと、さらにその外側左右に幅60センチのキャビネットが合体して写真のサイズです。キャビネットは上部や中に他の機器などを収納設置できますが、プロジェクタ部は仕様時にレンズ部分が立ち上がる設計。



最大の147インチを投映できる距離は、壁からユニットの背面(壁側)が17cm、前面(見る人から手前側)が70.5cm。壁にぴったりくっつけて設置した場合、ユニットの奥行きの53.5cmは部屋のスペースを使いますが、それでも最大106インチまで投影できます。




ものとしての名称は今のところ「4K超短焦点プロジェクタ」で、ソニーとしてはこれ、またはこのような製品を中心としてソフトウェアやコンテンツを組み合わせて提供する新しい体験を「Life Space UX」と呼んでいるようです。

リビングにとけ込むように大画面高精細の画面があることで実現できるユーザーエクスペリエンスの例として挙げられるのは、季節や時間に応じて変化する空や風景を映しっぱなしにする仮想窓など。



4K超短焦点プロジェクタは、米国向けには今年の夏を目処に製品化する見込み。予価は3万から4万ドル程度。円安傾向の続く今日このごろですが、そのまま日本円にして300万円から400万円〜コースです。


(蛇足ながら、ソニーで生活にとけ込む映しっぱなしコンテンツといえば、今から6年ほど前に、当時はゲーム部門SCEのトップだった平井一夫 現社長が発表した Life with PlayStation が思い起こされます。



当時の説明は:

「PS3が持つ膨大なコンピューティング・パワーと描画能力を最大限に活用し、時間、そして場所を2つの軸としてコンテンツを表現するアプリケーション」

「朝起きて、テレビのスイッチを入れるのとおなじように、PS3のスイッチをいれて世界のニュースをリアルタイムに知り、そして旅行先の天気や気温を調べるといった、PS3を使った新しいライフスタイルの第一歩を提案するのが、このLife with PlayStationなのです。」


Life with PlayStation は、裏面で走っていた「本体」である分散コンピューティングプロジェクトのPS3版終了を受けて2012年に終わってしまいましたが、クラウドからの情報をPS4でインタラクティブに出力する「窓」コンテンツにも期待したいところです。)
ソニー、壁を4Kディスプレイにする超短焦点プロジェクタを発表。壁際設置で147インチ

0 コメント