iPhoneで家電を操作できる赤外線リモコンデバイス IRKit の販売が1月15日にAmazonにて始まりました。価格は7500円。対応したiOSアプリを簡単に作れる IRKit iOS SDK も公開しています。

追記:Amazonでは1月15日10時30分現在在庫切れですが、開発元のIRKitプロジェクトによると本日以降順次入荷の予定とのこと。

IRKit

すべての写真を見る

5 枚



IRKitは、家電を操作する赤外線を送出できるリモコンデバイス。無線LANに接続する機能(IEEE802.11b/g/n対応)を備え、App Storeで公開したIRKitシンプルリモコンを利用することでiPhone/iPadから操作可能です。さらにインターネット経由で外出先からでも赤外線を送れます。大きさは62 x 62 x 17mmで、電源はUSB給電(micro B)。






マイコンには、ATmega32u4チップを搭載したArduino Leonardo同等品を採用しました。同時公開のIRKit iOS SDKを利用することで、
  • 位置情報を使い、家から一定の距離になるとエアコンをつけるアプリ(近日公開予定)
  • 赤外線リモコン信号を収集してデータベース化するためのアプリ(近日登場予定)
  • 1ボタンで家中の家電の電源を消すアプリ
  • Facebookと連携して、友だちの見ているテレビにチャンネルを合わせるアプリ

などが作れるとのこと。「IRKit iOS SDKは、IRKitを通して赤外線信号を送信したり、家電製品のリモコンから受信した赤外線信号を学習してiOSから操作できるようにするための機能をまとめたライブラリです。HTTP APIも公開しているため、スマートフォンアプリ以外にも、インターネットに接続できるPCやその他デバイスから家電を操作できます。IRKitはArduino派生のオープンソースハードウェアであり、センサなどの電気回路を追加してよりスマートに家電をコントロールするデバイスを作ることも可能です」(開発元の IRKitプロジェクト

IRKit

すべての写真を見る

5 枚

iPhoneで家電を操作できるリモコンデバイス IRKit が発売、Arduino互換で電気回路の追加も可能
広告

0 コメント

広告