中国のISCAS (中国科学院ソフト研究所)と上海联彤ネットワークコミュニケーションテクノロジー社は共同で、国産OS「China Operating System」(COS) を開発したと発表しました。

COS の開発者は、「Android やUbuntu など他国の企業が開発したオープンソースベースのOS はセキュリティ上の脆弱性を多く抱える」ことや、「OS ごとにユーザーインターフェイスが異なる」ことなどを問題点として挙げており、COS はそれらの問題を解決するために開発したと述べています。

China Operating System

すべての写真を見る

11 枚




また、より「国内事情に合った」国産OS を開発することで、ソフト開発とハード製造の両方を中国内でおこなう産業構造が構築でき、アップルやマイクロソフト、Google など、市場を支配する企業に対抗できるとしています。

機能面では「高いセキュリティ性を備える」とともに、HTML5 やJAVA にも対応。スマートフォンやタブレット、デスクトップPC、セットトップボックスといったあらゆる端末で使用できる汎用性も特徴としています。

またCOS のユーザーインターフェイスは、オープンソース・ソフトウェアを参考にしつつ「完全に独立」して開発したとのこと。動画を見るとなんとなく見覚えのあるUI のような気がしますが「独自開発」です。

なお昨年、HTC が中国の国産OS 開発に協力しているといううわさがありましたが、動画ではHTC 製と思われる端末も使用されています。

中国が国産OS 「China OS」発表、より「国内事情に合う」汎用OS (動画&ギャラリー)
広告

0 コメント

広告