Sponsored Contents

3Dの最新記事

Image credit:
Save

ホンダが歴代コンセプトカーの3DデータをCCライセンスで公開、NSX Concept など全5種 (動画)

Takuro Matsukawa
2014年1月28日, 午後09:04 in 3D
953シェア
488
267
0
198

連載

注目記事

米家電量販大手が音楽CD販売を終了へ。一方音楽ストリーミングではApple Musicがユーザー数を伸ばす

米家電量販大手が音楽CD販売を終了へ。一方音楽ストリーミングではApple Musicがユーザー数を伸ばす

View

人気記事

ARM版Windows 10は64ビットアプリが動作せず。マイクロソフトが「制約」を一時公開した後に削除

ARM版Windows 10は64ビットアプリが動作せず。マイクロソフトが「制約」を一時公開した後に削除

Kiyoshi Tane, 21 時間前
View


ホンダが歴代コンセプトカーの3D データを集めたサイト Honda 3D Design Archives を公開しました。車種は1994年の FSR Concept、1999年の FUYA-JO、2003年の KIWAMI、2007年の PUYO、2013年の NSX Concept の5種類。

各車のデータはブラウザ上で閲覧できるほか、ダウンロードして3D プリンタで出力することも可能です。データ形式はSTL。



3D データの配布に至った理由は、『家庭用3Dプリンターの低価格化や技術革新などにより、社会における「ものづくり」の在り方は根本的に変化しつつあります。こうした背景のなか、Hondaは、従来の「メーカー」と「ユーザー」という枠組みを超えた新しいコミュニケーションの在り方を目指し、このプロジェクトを企画しました。このプロジェクトに触発されて、ユーザーのなかから、優れた未来の自動車デザイナーやエンジニアが生まれてくることを願っています。』

3D データはクリエイティブ・コモンズ(CC) の BY-NC 4.0 ライセンスで配布されているため、非営利ならば複製や改造、自分の作品に組み込むなどの二次利用が可能です。BY-NC (表示 - 非営利)は、作者のクレジットを表示すること、二次利用は非営利の範囲に限ること、ライセンスへのリンクを含めること、など一定の条件を守ることで、さまざまな再利用を認めるライセンス。詳細はリンク先のクリエイティブ・コモンズ BY-NC 4.0 ページへ。

なおHonda 3D Design Archives は、ホンダの新しいグローバル・ブランディング・プロジェクトの第2弾。第1弾は2013年の東京モーターショーで公開したブランドCM 『Super ultra daydreams』です。



Via: HONDA
関連キーワード: 3D, 3d printing, 3dPrinting, car, cars, honda
953シェア
488
267
0
198

Sponsored Contents