東レとNTTは、着衣するだけで心拍数や心電波形を取得できる機能繊維素材 hitoe (ひとえ)を開発しました。NTTドコモは、hitoe を利用した生態情報計測用ウェアを提供し、2014年中にもスマートフォンと連携したサービスを展開します。続きで発表会の様子をお伝えします。


開発した繊維素材は、東レのナノファイバー生地に高伝導製樹脂をコーティングしたもので、ナノファイバーの繊維の中に導電性の樹脂が織り込まれています。身体に3か所、名刺サイズのhitoeを密着させることで、電極として心拍数や心電波形、睡眠データなどの生体情報が取得できます。NTTの研究所では、これまでもウェラブル電極の研究を進めていました。

洗濯などへの耐久性があり、衣服や帽子など人の体に密着した形で生体信号を取得できるため、より高感度な検出が可能としています。樹脂をコーティングしているものの、発汗によるショートは防ぐ仕組みとなっています。


写真中でオレンジ色の部分はただの一般的な繊維で、貼り付けられた白い名刺サイズのものが hitoe です。これを導電性のラインで結んでいます。既存のTシャツにアップリケしたような状態ですが、将来的には、より違和感のない形のものになる見込み。

東レとNTTでは今後、 hitoe を活用した計測ウェアを商用化する計画。NTTドコモでは、ドコモ・ヘルスケアの健康プラットフォーム WM(わたしムーヴ)と連携する予定です。

デモンストレーションでは、スポーツ用途だけでなく、睡眠データの取得などに活用できるとしています。NTTドコモの担当者は、介護分野などにも応用可能と話していました。

hitoe

すべての写真を見る

32 枚





速報:東レとNTT、着るだけで生体信号が取れる繊維 hitoe 開発。ドコモが年内にスマホ連携開始

0 コメント