Sponsored Contents

metroの最新記事

Image credit:
Save

マイクロソフト、次のWindows 8.1 Update 1ではスタート画面をスキップ、標準でデスクトップに起動?

Ittousai, @Ittousai_ej
2014年2月3日, 午後01:14 in Metro
189シェア
0
189,"likes":15
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View


マイクロソフトからは何の発表もないものの、3月にあたりにリリースらしいとうわさの次期 Windows 8.1 アップデート " Update 1 " について。Windows 8.1 Update 1 はタッチ前提ではなくマウスやキーボードでも使いやすくを大きなテーマにした修正版とされていますが、Windows 8 の象徴ともいえるタイル状のスタート画面を飛ばして、デスクトップへの直接起動が既定になるかもしれません。



まず Windows 8.1 への次期アップデートとされる Windows 8.1 Update 1 について触れれば、Update 1 はUI まわりの細かな変更を中心に、3月中にも提供される(らしい)小規模アップデートリリース。

マイクロソフトは開発体制をいわゆるラピッドリリースサイクルに変更し、Windows 8 から 8.1 のように小刻みな更新を導入しましたが、Update 1 はそのなかでもさらにすばやく、8.1へのフィードバックを反映しやり残しを完了させるものとされています。

リークしたスクリーンショット(とされるもの) で確認された中身は、フル画面のWindows 8 アプリ (Metroアプリ)をデスクトップにピン止め、スタート画面のトップに電源と検索アイコンを分かりやすく表示など。ですが、マイクロソフトからは現時点で正式な発表はありません。

デスクトップへの直接起動デフォルト化については、Windows 関連リークの常習者 WZor が未公開ビルドの変更点のひとつとして触れています。なお、スタート画面を経ずにデスクトップへ起動するオプションそのものは、Windows 8 で多数寄せられたリクエストを元に 8.1 ですでに導入済み。しかしあくまでオプション設定であって、既定ではあのタイル画面でスタートするのはご存知のとおりです。

あくまで非公開ビルドのひとつでのデフォルト設定であって、仮に正しいとしてもこのままリリースされるとは限りません。しかしいくら最近のマイクロソフトがタッチ前提などを「反省」している、正確にいえば「タッチでも従来の入力機器でも快適」の公約を守ろうとしているとはいえ、Windows 8 の象徴ともいえるタイル状スタート画面をデフォルトで隠そうとするのはにわかに信じがたい話です。

マイクロソフトは Windows Phone でも Xbox でも横並びにこのライブタイルが並ぶスタート画面を採用しており、いまさらWindows ではなかったことになるとすれば、内部的に少なからず方針変更があったことになります。そもそも Windows への導入意義としては、従来のデスクトップやノートだけでなく、いわゆる 2 in 1 やタブレットなど、タッチ前提を含むさまざまなフォームファクタに拡大し進化するPCへ対応するためでした。

特に Windows タブレットでは、持ち運べる 艦これ専用機 デスクトップ環境としてではなく、iPad や Android タブレット的な即時オンのスマートデバイスとして使うならば、いきなりデスクトップに飛ばれてもむしろ操作しにくく、ライブタイルの一覧性も無駄になります。スタート画面飛ばしが仮に既定になるとして、法人向けをはじめ余計な新機能は邪魔という場合、たとえばタッチ非対応PCでの設定になるのかもしれません。





広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: WZor
189シェア
0
189,"likes":15
0

Sponsored Contents