Sponsored Contents

phsの最新記事

Image credit:

ウィルコム、PHS端末 iiro WX04S 発売。カメラやブラウザなしの通話モデル、背面パネル交換可、3万5280円

Hiromu Tsuda , @boobyn
2014年2月5日, 午前10:00 in Phs
155 シェア
36
64
0
55

連載

注目記事

「単身40代が日本を滅ぼす」との調査をNHKが解説「AIは、人の顔色を伺って結果を出したりしない」

「単身40代が日本を滅ぼす」との調査をNHKが解説「AIは、人の顔色を伺って結果を出したりしない」

View

人気記事



ウィルコムは、音声通話専用のPHS端末 iiro WX04S を2月20日に発売します。直販サイトでの支払い総額は3万5280円。

iiro(イーロ)は、ストレート型のセイコーインスルツル製PHS端末。メールこそ利用できますが、カメラ非搭載、Webブラウザ、アプリ非対応と余計な機能のないいたってシンプルな音声通話専用モデルです。



ボディカラーは、ホワイト、ブラック、ピンクの3色で、背面側のクリアパネルが交換可能。オプションのリアカバーは全13種類。39通りの組み合わせが可能。

主な仕様は2インチ 240 x 320 ドットカラーディスプレイ。IPX4クラスの防水機能。通話時のノイズリダクション機能搭載。通話時間は5.5時間、待受時間は680時間。大きさは 45 x 125 12.4mm。

Eメールとライトメールをサポートしています。なお、ウィルコムは10月1日、番号を変更せずに携帯電話会社を変更できる、番号ポータビリティ(MNP)制度を導入する計画です。10月1日より、iiro でもSMSが使えるようになる予定。

Gallery: iiro | 52 Photos


Source: ウィルコム
関連キーワード: phs, willcom
155 シェア
36
64
0
55

Sponsored Contents