Sponsored Contents

CP+ 2014の最新記事

Image credit:
Save

オリンパス STYLUS SP-100EEインプレ:ドットサイト照準器つき1200mm望遠コンパクト

Hiromu Tsuda, @boobyn
2014年2月17日, 午後04:11 in Cp+ 2014
98シェア
0
98
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View


カメライベント CP+ 2014 より。オリンパスイメージングのドットサイト照準器つき光学50倍ズームコンパクトカメラ STYLUS SP-100EE の使用感をお伝えします。

STYLUS SP-100EEは、光学50倍、35mmフィルムカメラ換算で1200mm相当のズームレンズを搭載したコンパクトデジタルカメラ。超解像ズーム(電子ズーム)によって最大で2400mm望遠も実現します。

Gallery: オリンパス STYLUS SP-100EE | 10 Photos

10


望遠レンズもさることながら、ユニークな機能として、跳ね上げ式のフラッシュの下にドットサイト照準を搭載しています。高倍率の望遠レンズでは、ちょっとした動きで被写体が視野の外に出てしまいます。Eagle's Eyeと呼ばれるこの照準を利用すれば、動きのある被写体も追いやすいというふれこみです。

なお、ドットサイト照準はオプション品やサードパーティ製品などですでにありますが、コンパクトデジタルカメラの中に実装するのは大変珍しいと言えます。



実際に試用してみると、ドットサイト照準で被写体を追いかければ、プレビュー画面が確認できないため、かなりもどかしい印象でした。しかし、試用した限りにおいては、照準で追いかけてシャッターを押せばとりあえず写真におさまる確率は高く、慣れるともどかしさは薄くなるかもしれません。

たとえば、サッカースタジアムで選手を追いかけて撮影したり、バードウォッチング用カメラといった使い方が良さそうです。ちなみに、スコープに赤いポイントが出ますが、これはハーフミラーに映っているもので、レーザーで被写体に直接光を当てるものではありません。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: CP+ 2014, CP+2014, Olympus, stylus, STYLUS SP-110EE
98シェア
0
98
0

Sponsored Contents