Sponsored Contents

最新記事

Image credit:

ZOTACがGeForce GTX 750/Ti搭載カード2モデルを発表。NVIDIAのMaxwellアーキテクチャ採用GPU第一弾

Shingi Hashimoto
2014年2月19日, 午前12:01 in Geforce Gtx 750
141 シェア
22
71
3
5
40

連載

注目記事

人気記事



香港ZOTACが、NVIDIAの新型GPU「GeForce GTX 750 Ti」と「GeForce GTX 750」を搭載するZOTAC社製のビデオカード2モデルを発表しました。前者が ZOTAC GeForce GTX 750 Ti 2GB (写真のモデル)、後者が ZOTAC GeForce GTX 750 1GB で、Tiの付く方が高速な上位版になります。

両機種とも性能的にはミドルレンジクラスに位置しますが、そこそこの性能を保ちつつも、低い消費電力と扱いやすさが魅力というタイプの製品です。

発売予定時期は両製品とも2月下旬。予想市場価格は750 Ti 2GBが1万円台後半、GTX 750 1GBが1万円台前半。日本ではPC周辺機器などを取り扱うアスクが販売します。


この2製品の特徴は、GPUにNVIDIAが開発した新アーキテクチャ Maxwell(マックスウェル)を採用すること。Maxwellは従来の同社製GPUに対し、電力対性能効率を引き上げる点を目標に開発されています。

NVIDIAによれば、GTX 750 Tiは想定実売価格がほぼ同一となる2世代前の製品(買い換え想定製品とも言えます)であるGeForce GTX 550 Ti搭載カードに比べて、およそ2倍の性能を発揮し、しかも消費電力の目安となるTDP(熱設計電力)は、550 Tiが公称116Wに対し、750 Tiは60Wと約半分(750は55W)。つまり電力効率は約4倍となる計算です。

550 Tiは2世代前となるFermi(フェルミ)アーキテクチャーをベースにしたGPUですが、NVIDIAは1世代前のアーキテクチャーであるKepler(ケプラー)に対しても、2倍程度の電力効率改善となるとアピールしています。

なお、GPUとしての基本仕様は、750 Tiが処理ユニットであるCUDAコアが640基で、コアクロックは1020MHz(ブースト時1085MHz)で、メモリクロックは5.4GHz相当。750はそれぞれ512基、1020MHz(1085MHz)、5GHz相当です。




今回のZOTAC製カードは2モデルとも、出荷時点でGPUをオーバークロックした仕様。コアクロックも2製品共通で、1,033MHz(ブースト時1111MHz)。このため、リファレンス仕様のモデルに対して高い性能が期待できます。



ディスプレイ出力端子はデュアルリンクDVI-I×1+デュアルリンクDVI-D×1、ミニHDMI×1の3系統です。また、2モデルともボード全長は約145mmと小さく、さらにPCI Express補助電源も不要。
日本の自作PC派の間で流行しているmini-ITXベースの小型PCなどにジャストフィットしそうな仕様になってます。


 
新時代スマホ Galaxy S8 降臨祭 Sponsored by Galaxy

 
141 シェア
22
71
3
5
40

Sponsored Contents