Sponsored Contents

最新記事

Image credit:

ZOTACがGeForce GTX 750/Ti搭載カード2モデルを発表。NVIDIAのMaxwellアーキテクチャ採用GPU第一弾

Shingi Hashimoto
2014年2月19日, 午前12:01 in Geforce Gtx 750
133 シェア
22
71
0
40

連載

注目記事

「単身40代が日本を滅ぼす」との調査をNHKが解説「AIは、人の顔色を伺って結果を出したりしない」

「単身40代が日本を滅ぼす」との調査をNHKが解説「AIは、人の顔色を伺って結果を出したりしない」

View

人気記事

ニンテンドースイッチのJoy-Con、特許侵害で提訴。Gameviceが生産および販売停止と損害賠償を求める

ニンテンドースイッチのJoy-Con、特許侵害で提訴。Gameviceが生産および販売停止と損害賠償を求める

View
PS4 v5.00『ノブナガ』アップデート詳細。VRのBD視聴に仮想サラウンド、PS4 Proで1080p 60fps Twitch配信、UI改善多数

PS4 v5.00『ノブナガ』アップデート詳細。VRのBD視聴に仮想サラウンド、PS4 Proで1080p 60fps Twitch配信、UI改善多数

View


香港ZOTACが、NVIDIAの新型GPU「GeForce GTX 750 Ti」と「GeForce GTX 750」を搭載するZOTAC社製のビデオカード2モデルを発表しました。前者が ZOTAC GeForce GTX 750 Ti 2GB (写真のモデル)、後者が ZOTAC GeForce GTX 750 1GB で、Tiの付く方が高速な上位版になります。

両機種とも性能的にはミドルレンジクラスに位置しますが、そこそこの性能を保ちつつも、低い消費電力と扱いやすさが魅力というタイプの製品です。

発売予定時期は両製品とも2月下旬。予想市場価格は750 Ti 2GBが1万円台後半、GTX 750 1GBが1万円台前半。日本ではPC周辺機器などを取り扱うアスクが販売します。


この2製品の特徴は、GPUにNVIDIAが開発した新アーキテクチャ Maxwell(マックスウェル)を採用すること。Maxwellは従来の同社製GPUに対し、電力対性能効率を引き上げる点を目標に開発されています。

NVIDIAによれば、GTX 750 Tiは想定実売価格がほぼ同一となる2世代前の製品(買い換え想定製品とも言えます)であるGeForce GTX 550 Ti搭載カードに比べて、およそ2倍の性能を発揮し、しかも消費電力の目安となるTDP(熱設計電力)は、550 Tiが公称116Wに対し、750 Tiは60Wと約半分(750は55W)。つまり電力効率は約4倍となる計算です。

550 Tiは2世代前となるFermi(フェルミ)アーキテクチャーをベースにしたGPUですが、NVIDIAは1世代前のアーキテクチャーであるKepler(ケプラー)に対しても、2倍程度の電力効率改善となるとアピールしています。

なお、GPUとしての基本仕様は、750 Tiが処理ユニットであるCUDAコアが640基で、コアクロックは1020MHz(ブースト時1085MHz)で、メモリクロックは5.4GHz相当。750はそれぞれ512基、1020MHz(1085MHz)、5GHz相当です。




今回のZOTAC製カードは2モデルとも、出荷時点でGPUをオーバークロックした仕様。コアクロックも2製品共通で、1,033MHz(ブースト時1111MHz)。このため、リファレンス仕様のモデルに対して高い性能が期待できます。



ディスプレイ出力端子はデュアルリンクDVI-I×1+デュアルリンクDVI-D×1、ミニHDMI×1の3系統です。また、2モデルともボード全長は約145mmと小さく、さらにPCI Express補助電源も不要。
日本の自作PC派の間で流行しているmini-ITXベースの小型PCなどにジャストフィットしそうな仕様になってます。

133 シェア
22
71
0
40

Sponsored Contents