Sponsored Contents

fitnessの最新記事

Image credit:
Save

Huawei TalkBand B1 インプレ:Bluetoothヘッドセットか活動量計か、100ユーロで買えるコンパチツール(動画)

Hiromu Tsuda, @boobyn
2014年2月26日, 午後11:55 in Fitness
56シェア
0
56
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View


ファーウェイは、MWC 2014 において、同社初のリストバンド型活動量計 TalkBand B1 を発表しました。リストバンド型の活動量計でありながら、着脱式の片耳装着型Bluetoothヘッドセットでもある TalkBand B1 の印象をお届けします。

 

Gallery: Huawei TalkBand B1 | 8 Photos

8


昨年来、スマートフォンを展開する各社が「猫も杓子も」と言いたくなるほど数多く、活動量計を発表しています。こうした中で登場したTalkBand B1 は、そうした製品とは少し毛色の異なる製品です。

柔らかい樹脂素材のリストバンドに表示ディスプレイ領域のある活動量計で、歩数や消費カロリー、簡易睡眠計といった機能が利用可能です。かなり一般的な部類に入る活動量計と言え、もちろん、スマートフォンやタブレットと連携して使うことが前提となっています。

TalkBand B1 のユニークな点は、これが着脱式の防水Bluetoothヘッドセットでもあることです。防水Bluetoothヘッドセットをリストバンド型のアダプタで持ち歩けるとも言い換え可能で、しかも活動量計にもなる、というわけです。

また、ベルトの先がUSB端子になっているため、充電台など別途持ち歩かずとも充電できる点は、地味ながら利便性が高そうです。



あえて懸念材料をあげると、着脱ボタンが若干かみ合わせが悪いこと。個体差もあるため念のため2つ触りましたが、同じような印象でした。着脱を繰り返すと、いつの間にかポロリと本体のBluetoothヘッドセットが落ちてしまうんじゃないか、少し心配です。

見かけは一般的な活動量計なので、デザイン的にあまり特筆すべきことはありませんが、Bluetoothヘッドセットと活動量計が100ユーロ程度で購入できると考えれば、活動量計単体で買うよりも買いやすくお得感を得やすいかもしれません。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

56シェア
0
56
0

Sponsored Contents