LINEの発表イベント LINE Showcase 2014 Feb. より。LINEがIP電話サービス 『LINE電話 / LINE Call』 を発表しました。LINEユーザーどうしだけでなく、一般の固定電話や携帯電話にもLINEアプリから電話をかけられるようになります。



LINE電話が使えるのは、電話番号認証で登録した iPhone版・Android版 LINEユーザーのみ。Facebook認証のみのアカウントでは使えません。

発信先は端末の電話帳や履歴のほか、LINEがゼンリンから提供を受けた約650万件のデータベースから、店舗や施設などを名前、場所、キーワードなどで検索して見つけることもできます。

LINEユーザーならば初期設定は不要で誰でも利用可能。当初の対象国は日本、米国、メキシコ、スペイン、タイ、フィリピン。発信者番号通知にも対応 (相手がドコモの場合を除く)。

国内・海外を問わず固定電話や携帯電話に「低料金で」電話が可能。通話料金はLINEアプリ内決済などでコールクレジットをチャージしておき、そこから利用する仕組み。要は Skype などと同じです。

国内通話の料金は、携帯電話への通話が14円 / 分、固定電話へは3円 / 分。また固定・携帯電話に安価に発信できる30日プランや、固定電話限定の30日プランなども用意します。

30日プランは購入から一か月の期間、上限の60分までならさらに割安で通話できるプラン。30日かけ放題の定額ではなく、30日で期限切れになるまとめ買いのかわりに割安なプランです。

30日プランでは、携帯電話・固定電話とわず6.5円/分。固定電話限定の30日プランでは2円/分。

ほか、期間限定キャンペーンとして、LINEのビジネスアカウントを利用している企業や一部店舗・施設など130万件へは通話料が無料になります。

また2月27日より、LINE電話の公式アカウント @linecalljp を公開。ともだち登録先着10万人に対して、100円分(国内携帯へ7分、固定電話へ33分相当)のコールクレジットをプレゼントするオープニングキャンペーンも実施します。

公式サイトは line/me./ja/call 。本日15時にオープン予定です。このほか本日発表の新サービスについてはLINE関連記事一覧ページ へ。
『LINE電話』発表、一般の携帯や固定電話と通話可能に。3月から開始
広告

0 コメント

広告