新サービス発表会 LINE Showcase 2014 で、LINE がスタンプ販売を一般のクリエーターにも開放する LINE Creators Market を発表しました。モバイルアプリストアのように、申し込みと一定の審査を通過すれば誰でもLINEスタンプを LINE内で販売できるようになります。



従来のLINEスタンプは、LINEが用意した純正キャラクターものか、企業や有名キャラクターとのコラボ、プロモーションなどに限られていましたが、クリエーターズマーケットでは一般の企業や個人でも申し込みと審査を通れば自作のアートワークをスタンプとしてLINEプラットフォーム上で販売できるようになります。

クリエーターズマーケットへの登録・申請はすべて無料。審査後に、40種類のスタンプを1セット100円のパッケージで販売可能。取り分はLINE側が50%、クリエーター側が50%の半々。

登録受付は4月から開始予定。サービスのガイドラインをまとめた公式サイト creator.line.me は本日の15時からオープン予定です。

Showcase イベントでは、自作スタンプ販売のほかビジネスユーザー向けの施策など新サービスも発表中。順次お伝えする予定です。
速報:LINEクリエーターズマーケット発表、自作スタンプを販売可能に。売上は50:50で折半
広告

0 コメント

広告