Sponsored Contents

LINEの最新記事

Image credit:
Save

LINEビジネスコネクト発表、顧客DBと接続して「LINEで注文」や業務システムに拡大

Ittousai, @Ittousai_ej
2014年2月26日, 午後04:29 in Line
132シェア
0
132
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

本日の LINE Showcase 2014 Feb. イベントで発表された「LINEビジネスコネクト」は、企業アカウント向けにLINEのAPIアクセスを提供するサービス。たとえば自社の顧客管理データベースなど外部DBと接続することで、ユーザー別のメッセージなどさまざまなサービスを提供できます。

従来のLINE 企業アカウントは、全ユーザー(友だち)に一斉同報でニュースを告知する使い方が主でした。しかし LINEビジネスコネクトでは、どのLINEアカウントが自社のどの顧客なのかをユーザーの同意のもとに把握できるため、LINEからピザを注文する、LINEでタクシーを呼ぶ(位置情報送信)、あるいはLINEを通じて個別ユーザー向けの通知(例:レンタルビデオの返却期限)やニュースを届けるといったことが可能になります。





また外向きの顧客サービスだけでなく、従業員管理などの業務用DBと接続すれば、勤怠管理やシフト管理などのツールとしてもLINEを利用できます。


さて、LINEといえばかつてはユーザーの明確な同意を得ないまま電話帳情報を吸い上げて照合する挙動が問題になるなど、ユーザー情報の危なっかしい扱いでも知られてきました。外部データベースとの接続と聞くと良からぬ方向の想像もできますが、LINEビジネスコネクトについては外部データベースとアカウントのひも付けにはユーザーの同意が必要、かつLINE側ではひも付けられた顧客データを保持しない、とされています。

LINEビジネスコネクトは、「まずは一部企業と連携してケーススタディを作り、段階的に導入企業を拡大していく予定」。著名パートナー企業と分かりやすいサービスを本日より提供!ではなく、これから始めるのでまずはご連絡ください、段階での発表でした。

本日の発表イベント LINE Showcase 2014 Feb. では3つの新サービスを「BEYOND LINE」と称して、このLINEビジネスコネクトのほか、個人や企業が自作のスタンプを手軽に販売できるLINEクリエーターズマーケット、Skype的なIP電話サービス『LINE電話』もあわせて発表しています。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: LINE
関連キーワード: LINE, line business connect
132シェア
0
132
0

Sponsored Contents