Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

電子書籍端末今昔:Apple 編、初代iPadからiPad Airへの進化

Masahiro Yamaguchi
2014年2月27日, 午後02:50 in Apple
286シェア
42
77
0
167

連載

注目記事

IQOS、gloより5倍お得な加熱式タバコ「ヴェポライザー」で知っておきたいこと使い方やメンテ術解説(世永玲生)

IQOS、gloより5倍お得な加熱式タバコ「ヴェポライザー」で知っておきたいこと使い方やメンテ術解説(世永玲生)

View
Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

石川温, 11月16日
View

人気記事

Google、動画を自動で漫画化する実験アプリ公開。AIポートレートカメラマンやスクラッチ動画生成も

Google、動画を自動で漫画化する実験アプリ公開。AIポートレートカメラマンやスクラッチ動画生成も

Ittousai, 12月12日
View


1990年代からの電子書籍端末を振り返り、日本国内で販売された製品を中心に、「ストア/プラットフォーム別」または「メーカー別」に、その初代モデルと最新モデルを並べて紹介する連載です(機種の情報は2013年12月時点の内容で、2014年1月以降の情報は含まれていません)。

1990年代当初の"電子ブック"や、読書専用端末ではないものの電子書籍の普及に重要な役割を果たしたiPadなどのタブレットも含め、実に多くの製品が現れては消えていったことが分かります。これらの写真から、そんな電子書籍端末の歩みをお楽しみください。今回はApple 編。


左:iPad【2010】 右:iPad Air【2013】

アップルの「iPad」は読書専用端末ではないものの、さまざまな電子書籍ストアがこぞってビューアアプリを投入し、いまの電子書籍の隆盛のきっかけになった製品です。

初代から最新のiPad Airに至るまで、9.7インチという画面サイズや価格帯はほぼ同一ながら、厚みは13.4mmから7.5mm、重量は680gから469gと大幅な薄型軽量化を果たしているほか、解像度も1024×768ドット 2048×1536ドットへと大幅に進化しました。2012年からは7.9インチの画面を持つ「iPad mini」も登場しています。

関連キーワード: apple, EbookReader, iPad, iPad air
286シェア
42
77
0
167

Sponsored Contents