Sponsored Contents

androidの最新記事

Image credit:

純正 Google Nowランチャー配信開始、NexusとGoogle Playエディション限定

Ittousai , @Ittousai_ej
2014年2月27日, 午後02:20 in Android
335 シェア
47
88
0
200

連載

注目記事

「単身40代が日本を滅ぼす」との調査をNHKが解説「AIは、人の顔色を伺って結果を出したりしない」

「単身40代が日本を滅ぼす」との調査をNHKが解説「AIは、人の顔色を伺って結果を出したりしない」

View

人気記事



Google が Androidのホーム画面置き換えアプリ Google Now ランチャーを Google Play でリリースしました。Google Now Launcher は、Nexus 5 から導入されたホーム画面を切り出した単体アプリ版。今のところ Android 4.4 KitKat 搭載の Nexus および Google Play Edition端末に対応します。



標準ホームとの違いは、ホームから右にスワイプして Google Now を表示しやすいこと、ホーム画面のどこにいても" OK Google " で音声コマンドが使えること(日本語非対応)など。

Google Now はこれまで、機種によって画面の下端から上にスワイプする、ホームのGoogle検索窓を触る、ホームボタンを長押しするなどさまざまな方法でアクセスできましたが。Google Now ランチャーでは、一番左端のホーム画面がそのまま Google Now になっています。ホーム画面の枚数は、アイコンやウィジェットを画面端にドラッグすることで増やせます。

また従来のホーム画面では、マイクアイコンを押して音声入力受付モードにしてからコマンドを発生する必要があったのに対して、Google Now ランチャーではホーム画面にいれば " OK Google, " のキーワードで入力受付モードにできます。

動作としては、ホーム画面にいるあいだ端末が定期的に周囲の音を聞き取り、キーワード " OK Google " が発声されたかどうかを判定する仕組みです。Google いわく、この短時間の録音はローカルで処理されるためクラウドにアップロードされることなく、また判定後は直ちに廃棄され続けるとのこと。

ただし、今のところ Google Now の音声言語設定を英語にした場合しか使えません。日本語設定ではマイクアイコンの中身が抜かれたような表示になり、キーワードの常時聞き取りは無効になります。


このほか、画面上部のステータスバーや下部のソフトボタン部分の背景が透明になり、壁紙を画面いっぱいに表示できるようになりました。また壁紙設定やウィジェット配置などもシンプルに分かりやすくなっています。


Google Now ランチャーの対応機種は、今のところ Android 4.4. KitKat搭載の Nexus または Google Play Edition端末のみ。標準ホームを作っている Google がわざわざ置き換えホームアプリをリリースするのは妙にも思えますが、ほかの Google アプリのように単体のアプリとして切り離すことで、Android プラットフォームそのもののリリースサイクルとは独立して更新できる利点もあります。

Source: Google Play
335 シェア
47
88
0
200

Sponsored Contents