Sponsored Contents

dysonの最新記事

Image credit:
Save

ダイソンが自主回収、Hot + Cool AM04 / AM05 ヒーターに内部発火の可能性

Takuro Matsukawa
2014年3月18日, 午後07:05 in Dyson
253シェア
0
253
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

ダイソンが、羽なしヒーターHot + Cool シリーズのうち、AM04 と AM05 を自主回収すると発表しました。対象は全世界で販売した約100万台。対象製品の使用を中止するとともに、電源をコンセントから抜くよう呼びかけています。

リコールの理由は「製品本体内で小さな発火が生じた事象が少数件発生したことを確認」したため。同社によると、この件による人への健康被害や物への損傷被害などの報告は受けていないものの、ユーザーの安全のために自主回収と製品改善対策を実施するとしています。



発火の原因は内部プリント基板上の電気ショート。改善対策として、回収した製品に基板保護部品を無償で取り付けるとともに、対策後の製品には2年間のメーカー保証を付けます。

回収方法は、まず製品の底面にあるシリアル番号をダイソン公式サイトの専用ページで入力し、リコール対象か確認。メール( japan@dysonrecall.com )や専用の電話番号( 0120-210-905 )でも確認可能です。電話受付時間は土、日、祝日を含む9時から17時30分。



手元の製品が対象だった場合は、ダイソンが提供する梱包資材と着払い伝票を使ってダイソンへ発送します。

なおリコール対象製品はAM04 とAM05のみ。「ダイソン扇風機 AM01/AM02/AM03/AM06/AM07 はこれまで通り安心してご使用いただけます」としています。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Dyson
関連キーワード: dyson, heater
253シェア
0
253
0

Sponsored Contents