Sponsored Contents

batteryの最新記事

Image credit:

Cerevo EneBRICK発売、USBキーボードをBluetooth化するモバイルバッテリー

Keisuke Sunagare
2014年3月28日, 午後04:10 in Battery
534 シェア
147
168
0
219

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View
iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事

『どうぶつの森 ポケットキャンプ』配信開始。基本無料のスマホ版、通称『ポケ森』

『どうぶつの森 ポケットキャンプ』配信開始。基本無料のスマホ版、通称『ポケ森』

View


Cerevoが、PC用のUSBキーボードをスマートフォンやタブレットで利用できるモバイルバッテリー EneBRICKを発売しました。EneBRICKは、Cerevoが運営するクラウドファンディングサイト「Cerevo DASH」で資金を募っていたプロジェクト。目標金額140万円に対して177万円を集め今回の発売となりました。






EneBRICKは本体にBluetoothを搭載し、既存のUSBキーボードを接続してBluetoothキーボードとして使える点が特徴です。EneBRICK本体をスライドさせると5〜10型サイズのスマートフォンやタブレットを立てかけることでき、iPhoneやiPad、Android端末などのスマートフォンで愛用のUSBキーボードが利用できるようになります。

EneBRICKとスマートデバイス間はBluetooth 2.1+EDRで通信。Bluetooth Low Energyなどに対応したBluetooth の最新バージョン(4.x)を使用していないのは「接続機器の豊富さなど利便性を考えてのこと」(Cerevo)。



本体には6000mAhのリチウムイオンバッテリーを搭載。一般的なバッテリー容量のスマートフォンであれば数回程度のフル充電できます。Cerevoによれば「iPhone 5sで2回のフル充電が可能」。本体の背面にはUSBポートが2つあるので、USBキーボードに給電をしながら端末の充電もできます。



対応機種は、Bluetooth対応のiPhone、iPod touch、iPadシリーズ、Bluetooth 2.1+EDR および HIDプロファイルに対応したAndroid端末。対応OSは、Mac OS X 10.2.8以降、Windows 7以降。

本体サイズは、約124x64x24(スライド閉じ時)、重さは215g。動作時間はキーボード利用時で約18時間。充電時間は約9時間です。

発売日は本日28日、直販サイト Cerevo Storeの価格は1万2800円(税別)。発送は4月上旬予定。

また、PFU製のキーボード Happy Hacking Keyboard とのコラボレーションモデル「EneBRICK HHKB Edition」もPFUの直販サイト PFUダイレクト にて同時発売します。製品スペックや価格は変わりませんが、本体上部に「HHKB」のロゴが入った限定モデルです。



発売に併せて開催した記者会見の場所は、Cerevo本社から徒歩数分という秋葉原の「AKIBAドラッグ&カフェ」。ドラッグストアとメイドカフェが一緒になった異色の空間で、Cerevoの岩佐琢磨社長がCerevoの近況やEneBRICKの開発について紹介しました。



岩佐氏は「モバイルバッテリーはどこでも売っているが、USBキーボードをタブレットで利用できるモバイルバッテリーはない」と説明。「PC用の高級なキーボードはBluethoothモデルが少なかったり、そもそも高いのでBluethoothモデルが出ても手を出しにくい。EneBRICKをHappy Hacking Keyboardのような高級キーボードを使っているユーザーに使用してもらいたい」



Happy Hacking Keyboard とのコラボレーションモデルの発表では、PFU広報担当がメイドと一緒に登壇し「ギークなユーザーのハートをつかみたい」と話していました。

Source: Cerevo
534 シェア
147
168
0
219

Sponsored Contents