Sponsored Contents

biglobeの最新記事

Image credit:
Save

新生ビッグローブ説明会、NEC無き未来。3G搭載Androidスマートウォッチ年内発売(更新)

Hiromu Tsuda, @boobyn
2014年4月8日, 午前11:04 in Biglobe
319シェア
0
319,"likes":52
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View



NECの冠がとれ、新会社となった新生ビッグローブは4月8日、売却後初の事業方針説明会を開催しています。古関義幸社長が登壇し、今後の事業方針を語ります。速報でお伝えします。

この中で、3Gを搭載しスタンドアロンで通信できる非常に珍しいAndroidスマートウォッチが披露されました。現在は試作機。年内発売予定です。

Gallery: BIGLOBE Android SmartWatch | 16 Photos

16

 




老舗ISPのビッグローブですが、同社はバーチャル・ネットワーク・オペレーター(VNO)として、光回線、公衆WiFi、モバイルの回線を提供しています。新生ビッグローブでもこの方針に変更はありません。

ちなみに、ビッグローブは、光回線の利用者数としては、市場シェア8.4%で業界4位、300万会員を獲得。OCNやヤフーBBなどが上位を占める中、ビッグローブは独立系としてはトップです。ビッグローブは2014年度、1Gbpsのサービスを展開する計画です。





モバイルについて。古関社長は携帯事業者の現状を、「結局3社の寡占になってしまった。総務省としてもメガキャリアの周波数をMVNOで広く使って欲しいところ」と話しました。

モバイルサービスのBIGLOBE LTEは、4月、料金を値下げし、月額933円(税抜)から月額900円(税抜)になりました。ほぼスマホについても、月額2809円から月額2776円に。古関社長「ほぼスマホは2台目はこれでいいよ、と言ってもらえている」とアピール。

ほぼスマホはこれまでVoIPで通話でしたが、7月、090や080ではじまる通話サービスを開始します。利用料は未定。オプションサービスになりそうです。古関社長は「ほぼスマホがほぼ、ではなくなる」と話しました。




ここで古関社長、資料にない話として語りだしました。「ネット接続の話だけではつまらない。デバイスを作っている。着想は2年ぐらい前、しかしそんなもの売れないと言われた。だったら自分の欲しいものを作ってよと言った。1年前にプロジェクトを作って、コンセプトを実現するためのハードウェア作り、夏頃、今のテクノロジーでは作れないとなった。アイデアが早すぎると思ったが、どうもできそうだとなった。じゃあ作ってみるかと試作した。




そこでウェアラブル端末試作機発表。ほかと一緒じゃないの? という疑問。

時計型の端末は通信は通常Bluetoothで行い、通信はスマートフォンを通して実施します。この試作機は3GとWiFi搭載、スタンドアロンで3G通信できるという、珍しい仕様。スマホ不要のスマートウォッチというわけです。社長いわく、「サービスを動かしてみてどうなるかわからないが、電池は1日〜2日持つ」とのこと。これで新サービスを展開。年内に商品化するそうです。

端末は現在、Android 4.2が動く状態。ただし、アプリなどを搭載していない素のAndroidが動作するのみ。価格については「まったく決めていない」(古関社長)。

なお、今回はチラ見せのみで、フォトセッションもなし。広報担当に詰め寄ってみましたが、残念ながら、「今回はプレゼンテーションの中で披露するのみです。というのも、あの形になるかどうかも含めて検討中だからです」とのこと。ビッグローブでは今後、サービスを搭載した試作機を公開し、ユーザーモニターなどを募っていく計画です。

発表会終了後、古関社長に話を聞いてみると、3カ月後の7月にはアプリを搭載した形でベータ版を公開する予定とのこと。会見中、端末プラットフォームについては言及せず、こちらの質疑応答でそれを披露「今はAndroid」と今後どうなるかを濁した古関氏。3カ月後に公開するなら、プラットフォームの変更はありえないのではないか? と聞くと、Android 4.2で行くと語りました。

また、3G搭載で本当に1〜2日電池が持つのか? と聞くと、古関氏は「結構大きなバッテリーを積んでいるんですよ。だから、図体がでかくなってしまった」と述べました。

試作機は2週間前にAndroidが動作したばかり、古関氏の「3カ月後、行けるよな?」の言葉に、開発担当者は目を合わせることなく懸命にうなづいていたのが印象的でした。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: biglobe, ISP, NEC, smartphone, wearable
319シェア
0
319,"likes":52
0

Sponsored Contents