Sponsored Contents

docomoの最新記事

Image credit:

速報:NTTドコモ、新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」発表。6月1日開始、予約は5月15日

Hiromu Tsuda , @boobyn
2014年4月10日, 午後02:55 in Docomo
2164 シェア
1011
604
191
44
314

注目記事

人気記事



9日夜、新料金プランが登場するのではないか、と書いたばかりですが、NTTドコモがまもなく会見を行います。内容は新料金プランに関するものですが、現時点で正式に内容が明らかになっていません。ドコモは、新通話料金「カケホーダイ」と、パケット通信量を分け合える「パケあえる」を発表しました。発表会には代表取締役社長の加藤薫氏、経営企画部長の吉澤和弘が登壇予定です。速報でお伝えします。

解説:NTTドコモ新料金 カケホーダイ&パケあえる 詳細解説。基本6種、パケット7種、そして割引』を掲載しました。

Gallery: NTTドコモ、新料金プラン「カケホーダイ」「パケあえる」 | 25 Photos

 


カケホーダイの通話料金は、月額2700円で、ドコモ以外でも国内通話が定額となります。パケット通信量は家族でシェア可能で、複数端末を所有するユーザー向けプランも用意されます。簡単に言えば、FOMA時代の無料通信分を分け合えたのと同じように、パケット通信量がスマートフォンでも分け合えるようになります。

またまた、「ずっとドコモ割」によって、長期利用者の割引がうけられます。家族の誰かが長く使っていた場合、その割引が適用された状態でほかの家族と通信量がシェアできます。

まだ発表したばかりとあって、複雑な料金プランに感じます。加藤氏は、「以上、簡単に説明しました」と言いましたが。なお、昨日の記事でもしかしてこれはVoLTE向けのプランではないか? と書きましたがこれは誤りです。夏にVoLTEについては別途発表するとのこと。

(1)基本プラン(月額)

区分 プラン名
(端末種類)
料金
(2年契約の場合)
通話料
カケホーダイプラン
(音声有り)
カケホーダイプラン
(スマホ/タブ)
2,700円 国内通話カケホーダイ
カケホーダイプラン
(ドコモ ケータイ)
2,200円
データプラン
(音声無し)
データプラン
(スマホ/タブ)
1,700円 -
データプラン
(ルーター)
1,200円
デバイスプラス
(M2M専用)
デバイスプラス500 500円
デバイスプラス300 300円
※2年契約なし


(2)パケットパック定額料(月額・1グループ毎)
  プラン名 利用可能データ量 シェア 料金
一人向け データSパック 2GB 1人でシェア可 3,500円
データMパック 5GB 5,000円
家族向け シェアパック10 10GB 家族で10回線まで可 9,500円
シェアパック15 15GB 12,500円
シェアパック20 20GB 16,000円
シェアパック30 30GB 22,500円
らくらくスマートフォン向け らくらくパック 200MB 不可 2,000円


(1)「ずっとドコモ割」(1グループ毎)
プラン名 ご契約年数および毎月の割引額
1st
(1〜5年)
割引前料金
2nd
(6〜8年)
3rd
(9〜10年)
プレミア
(11〜15年)
グランプレミア
(16年〜)
データSパック 3,500円 - - - ▲600円
データMパック 5,000円 - - ▲600円 ▲800円
シェアパック10 9,500円 ▲300円 ▲600円 ▲800円 ▲1,000円
シェアパック15 12,500円 ▲300円 ▲600円 ▲800円 ▲1,000円
シェアパック20 16,000円 ▲600円 ▲800円 ▲1,000円 ▲1,500円
シェアパック30 22,500円 ▲800円 ▲1,000円 ▲1,500円 ▲2,000円
らくらくパック 2,000円 - - - ▲600円


(2)「U-25応援割」
サービス名 対象者 割引額 ボーナスパケット量 割引適用期間
U25応援割 利用者が25歳以下で、カケホーダイプランおよびパケットパックをご契約のお客さま ▲500円/月 1GB/月 26歳の
誕生日まで


3.「パケあえる」(月額・子回線毎)
サービス名 対象者 料金
(シェアオプション料)
一人向け
(2台目プラス)
「カケホーダイプラン」をご契約(1台)いただき、
同一名義で「データプラン」にもご契約(1台)い
ただいた「データSパック」「データMパック」をご利用のお客さま
500円/月
家族向け シェアパックをご契約いただいた代表回線とデ
ータ量を分け合う子回線のお客さま
500円/月




質疑応答。

Q:なぜこの時期、いつ頃から考えていたのか?
A:年明けから本格化、新年度のできるだけ早く出したかった。
Q:16年以上契約しているユーザーはどれほどいるのか?
A:だいたい15%
Q:
A:家族単位を強く意識している。長くドコモを使うメリットとMNPのキャッシュバックの差が大きい。1人で暮らす人も少なくない。
Q:コンサルティングできる人が必要ではないか。何かツールはあるのか?
A:シミュレーションできるものを用意したいと思う。手書きシートで計算できるようなものもショップに用意します。
Q:7GBにはりついているようなユーザー
A:基本的にはカケホーダイとパケあえるは一緒に使ってもらう。通話だけいいという人もいる。カケホーダイだけもできる。話さないからデータだけでいいという人もいる。スマートフォンのデータ契約だけでもOKにしています。

Source: NTTドコモ
関連キーワード: docomo, NTT, nttdocomo
2164 シェア
1011
604
191
44
314

Sponsored Contents