Sponsored Contents

kuratasの最新記事

Image credit:

Windows 春祭り2014開催、秋葉原に大型ロボ「クラタス」登場。制御ソフトはWindowsベース

Shingi Hashimoto
2014年5月5日, 午前05:20 in Kuratas
530 シェア
187
185
23
29
106

連載

注目記事

人気記事



2014年5月4日、秋葉原のベルサール秋葉原でWindows 8.1 Updateをアピールするイベント「Windows 春祭り2014」が開かれました。主催は Windows Navi+事務局。

このイベントは従来も数回開催されており、例年でしたら自作PC関連やショップブランドPCの展示が中心となりますが、今回はある意味で異様ともいえる雰囲気でした。というのも、ホール中央を水道橋重工製の大型ロボット「クラタス」が占めていたため。



クラタスは鍛冶師・造形作家である倉田光吾郎氏と、ヒューマノイド用インターフェースソフト開発者の吉崎航氏が中心となって製作している、全高4m、重量4tという重機並みの大きさを持った大型ロボット。実際に駆動機構などのベースはパワーショベルなどの重機を流用しています。

今回はクラタスが出てくるということで、各部の写真を多数撮影してきました。ぜひご覧ください。Windows 8シリーズのイベントではおなじみとなった窓辺家4人組のレイヤーさんのカットもあります。

Gallery: Windows 春祭り 2014 | 56 Photos




クラタスは重機をベースにしたロボットではありますが、重機系で多いレスキューロボット的な設計ではありません。左手の部の爪の中にはBB弾を発射できるガトリングガンが仕込まれているなど、トイロボット志向の強いモデルです。

そして特徴はなんといっても、大型ロボットとしては初めて、一般でも購入可能(とされている)点。といってももちろん価格は相応に高く、水道橋重工の公式サイトでは135万3500米ドル(約1億3800万円)からとなっています。これは標準的な価格で、BTOオプションで設定されている武装などによって変動します。 また、在庫切れが続いていますが、アマゾンでも販売されていることで話題となりました。

開発・販売元の水道橋重工のサイトやアマゾンのページでも「通常の乗用玩具と異なり、安全性・快適性は保障されませんが、『ロボットパイロットになる』という人類の夢を保障します」というフレーズが掲げられた、ロマンあふれる存在です。





さて、こうしたクラタスがなぜWindowsのイベントに? と思われるでしょうが、実はクラタスの姿勢などを制御するソフトV-Sido(ブシドーと読みます)はWindowsアプリ。また、クラタスは搭乗する以外にもリモートでの操作も可能な設計ですが、その際にもWindows上からの制御が可能です。というわけで今回の登場となったわけです。



なお、クラタスはこれまでも造形関連展示即売会「ワンダーフェスティバル2012夏」などでも展示されて人気を博し、一方で現在も細かな改良が続けられているモデルですが、今回出展されたのは最新のVer2.0.1に、このイベント用としてWindowsロゴなどをペイントした特別仕様。

水道橋重工のサイトではクラタス購入時にBTOオプションとして色の指定も可能ですが、そこにも含まれていないレアカラーリングです。



また合わせて水道橋重工は、クラタスとV-Sido、そしてWindowsとの関連をプレゼンするブースを出展。V-Sidoによる姿勢制御試験として、模型サイズのロボットで数々の負荷試験を行ったビデオを流していました。



ちなみにこのビデオ、ロボットが置かれた雑誌を激しく揺らしたり、空き缶などをぶつけた際の安定性を検証する、かなりへビーなもの。スタッフにお聞きしたところ、こうしたデータがクラタスにフィードバックされ、安定性を増しているとのことです。



本筋であるWindows 8.1 Updateイベントとしてはそのほかに、PC自作応援キャラクター「窓辺ななみ」とMicrosoft Azure応援キャラクターの「クラウディア・窓辺」のデュエットソングCDが付属するDSP版Windows 8.1 Pro新限定パックのプロモーションブースをはじめ、NVIDIAやツクモ、ドスパラなどが最新ゲームにフォーカスしたブース展示を実施。インテルは今後販売を拡大していきたいという、ショップブランド向けWindows 8タブレットなどを多数展示していました。




自作PC関連イベントとして見ると、6月のCOMPUTEX TAIPEI前、さらに言えばインテルの新CPU"Haswell Refersh"も発売直前(ほぼ確定と言われている噂としては、5月11日前後とされています)ということもあり、新情報などはほとんどなかったタイミングなのは若干残念なところ。

ただしイベントとしてはそうしたムードに反し、クラタスに加えてステージイベントに声優の古谷徹氏が参加するなど、目を惹く企画もあり、連休中も手伝ってかなりの人気となっていました。

530 シェア
187
185
23
29
106

Sponsored Contents