Sponsored Contents

agricultureの最新記事

Image credit:
Save

東芝も野菜生産を事業化。クリーンルームを植物工場化して無農薬・無菌・長期保存可能

Ittousai, @Ittousai_ej
2014年5月15日, 午後01:15 in Agriculture
385シェア
0
385
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View

東芝が野菜の生産に参入します。栽培品目はリーフレタス、ベビーリーフ、ホウレンソウなど。初年度の生産規模は300万株/年(レタス換算)。



野菜生産の事業化についての発表では、東芝グループは従来よりヘルスケア事業を展開しており、また広範な技術を活かして食・水・空気など生活環境を整備する健康増進分野へも注力していると背景を説明していますが、具体的な生産場所は東芝が横須賀市に所有する遊休施設を転用した植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」。

先日「富士通がレタスを販売」と話題になったキレイヤサイと同じく、半導体製造で培った空調、除菌、遠隔監視、生産管理などの技術を使い、空き施設を植物工場として活用する事業です。

東芝の工場製野菜の特徴は、農薬を使わないこと、ほぼ無菌状態のため雑菌による傷みが遅く長期保存に向くこと。また閉鎖型工場であることから外部の環境に影響されず安定供給ができること、育成環境の制御によりポリフェノールやビタミンCなどを多く含んだ機能性野菜を市場ニーズにあわせて生産できることも利点としています。

「東芝クリーンルームファーム横須賀」の延床面積は1969平方メートル。本日より植物工場への転換工事を始め、今年度上期中には野菜を出荷する予定です。栽培品目は リーフレタス、ベビーリーフ、ホウレンソウ、ミズナ、スプラウト。サラダ用やカット野菜をターゲットとして、コンビニエンスストアやスーパー、外食産業などに販売します。年間売上は約3億円の見込み。

東芝は横須賀の工場での生産のほか、今年度中には海外に新たに大規模な植物工場を建設する予定。また植物工場向けの設備や管理ソリューション販売も事業化します。工場製の機能性野菜が普及すれば、「あの会社の野菜はスペックだけ」「新型は高機能だけど歩留りが相当悪いらしい」「初期ロットのホウレンソウをサラダに使うのはシロウト」といった会話も普通になるかもしれません。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Toshiba
385シェア
0
385
0

Sponsored Contents