Sponsored Contents

clothesの最新記事

Image credit:
Save

宇宙服技術を応用したJAXAブランドの水冷式冷却ベスト、1000着限定で5月30日発売。価格は6万円

Hiromu Tsuda, @boobyn
2014年5月30日, 午後06:00 in Clothes
662シェア
4
658
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View


次世代先端宇宙服の研究に参画する日本ユニフォームセンターは、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の宇宙ブランド JAXA COSMODE において、水冷型の冷却ベスト「Cooling by the space technology 冷却下着ベスト型」を開発しました。5月30日、帝国繊維から1000着限定で販売します。価格は6万円。

  

JAXA COSMODEは「宇宙の魅力を地上の生活へ届けるためのブランド」で、要するにJAXAと企業のコラボによって、宇宙や宇宙開発により親しんでもらおうというもの。同ブランドを冠したものでは、ゴールドウィンの消臭下着や東レの消臭素材製品のほか、「グランツーリスモ6」などもその1つ。月周回衛星「かぐや」の月面データが使われています。運営はJAXAの委託を受けた伊藤忠ファッションシステム。




密閉された宇宙服は、宇宙飛行士が発する熱を冷却しなければなりません。宇宙服用の冷却下着は、冷却下着と肌を密着する手法で汗を短時間に吸収、蒸発させて残った汗によるべたつきを抑えます。日本ユニフォームセンターは2008年よりこの先端宇宙服の研究に参画しており、それとともに消防分野など、民生用冷却下着の研究も進めてきました。

「Cooling by the space technology 冷却下着ベスト型」は、チューブを張り巡らした本体とポンプユニットで構成されています。ポンプユニットのタンク内の氷でチューブ内の水を冷却し、冷却水がベストに張り巡らされたチューブを循環します。



熱中症対策を想定しており、1Lの冷却タンクで約30分、4度前後の冷却水が上半身を冷やします。日本ユニフォームセンターの試験によれば、35〜36度の日本の猛暑日、湿度70%の環境において、冷却機能のない服内温度は39.7度、冷却ベストを着用した場合は33度になりました。

ベストの素材はポリエステル100%で、ストレッチ素材となっており、家庭で洗濯可能です。

なお、水冷型の冷却服といえば、大阪のクールスマイルという企業がバイク用エアコンとして、チューブを張り巡らした専用服内を冷却水が循環する冷却服を発表しています。価格は19万8000円。動画はこちら。



また、空冷型の冷却服といえば、冷却ファン搭載服で知られる埼玉県戸田市の空調服(株式会社空調服)が有名なところで、ユニークは衣服としてテレビなどでも取り上げられています。しかし至って真面目な製品であり、点検保守業務や工場などで採用されています。




このほか、冷やすものではありませんが、繊維やスポーツメーカーから吸汗速乾素材を使った服なども登場しています。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

662シェア
4
658
0

Sponsored Contents