日本時間 6月3日未明のWWDC 2014 キーノートプレゼン (中継) において、iOS 8 ではアップル純正以外のソフトウェアキーボードに対応することが判明しました。これを受け日本語入力システム ATOK を提供するジャストシステムは iOS向けATOKの開発を「前向き」に検討するとコメントしています。

なおジャストシステムでは現在、日本語入力メモアプリ ATOK Pad for iOS を提供しています。このアプリは当初iOS向けIMEとして開発していたものですが、やんごとなきアップルはサードパーティ製のソフトキーボードを認めず、やむなくメモアプリとして提供した経緯があります。

 
 


WWDC 2014でのアップルの英断を受け、ジャストシステムでは「ずっと待ち望んでいました」とコメントしています。アプリの提供に向け現在、開発情報を調査中としており広報担当者は「まだ発表を知ったばかりですから、開発すると決定したわけではありません。ですが、提供できるものなら提供したいなと。前向きです」とコメントしています。

ATOKと言えば、変換候補の精度の高さに定評のある日本語入力システムです。PCの世界ではWindowsやMac OS向けに提供しており、モバイルの世界ではAndroid向けに提供中。5月には富士通と共同で、変換精度を高めたSuper ATOK ULTIASを発表しています。

iOS 8が
サードパーティ製のソフトキーボードをサポートすることで、iPhoneやiPad単体での入力だけでなく、たとえばBluetoothキーボードとiPadを使った長文入力などもより実用的になるかもしれません。

WWDC 2014 関連記事一覧はこちら

WWDC 2014 キーノートプレゼンテーションの様子はこちら
ジャストシステム、iOS 8対応ATOKの提供に意欲。非アップル製IME解禁を「ずっと待ち望んでいた」
広告

0 コメント

広告